社会福祉法人くらしのハーモニー の先輩職員紹介

福祉の仕事は実際に体験してみるとエキサイティング

下垣太介

2018年入社 龍谷大学 社会学部地域福祉学科卒

座右の銘は『光陰矢の如し

高校生の時から、福祉の仕事に携わりたいと思っていたので、大学では地域福祉学科に進学し、福祉について学びました。就活でも福祉関係の仕事を探していましたが、その中で今の職場を紹介され、実際にインターンに参加しました。インターンで直接現場を見ることで、自分がやりたいと思っていた『住み慣れた地域・家で最期まで暮らす』を実践できると感じたので、ここに就職しようと決意しました。
今はデイサービスで介護職として働いていますが、エキサイティングな日々を送っています。利用者の皆さんは、自分が働く前にイメージしていたよりもパワフルな方ばかりで、自分が一番楽しんでいるのではと思うほど、職員と利用者さんが一緒になって楽しむことが多いです。実際に福祉の仕事を体験してみると、イメージがガラッと変わるかもしれません。

私は現在デイサービスで、リーダー業務という仕事も担当しています。リーダー業務はその日の予定をある程度決めて、職員さんにどんな事をしてもらうか、レクリエーションは何をするのか、当日指示を出す仕事です。その他にも色々な業務がありますが、このリーダー業務は、自分が考えた行事やレクで利用者さんが楽しんでもらえた時は、直接反応が見られる分やりがいや感動もひとしおです。そこでリーダー業務を通してこの仕事をやっていてよかったことを紹介したいと思います。
私の趣味の一つにお菓子作りがあるのですが、この趣味を仕事に活かせないかなと思い、レクリエーションで利用者さんと一緒にお菓子を作ろうと計画を立てました。それを先輩職員の方に相談しどうしたら上手くいくだろうか、何に注意が必要かアドバイスをもらい、手探りで準備を開始し何とか準備を完了し当日の朝、心臓がバクバクしながら職場に向かい、了承を得ていた計画書をもとにお菓子を作ってみたのですが、時間内ギリギリになっても完成せず汗がダラダラ出ましたが、何とか完成し利用者さんに食べてもらった時に、美味しいの一言がもらえた時は、飛び上がりたくなるぐらい嬉しいものでした。

エントリー

OFFICIAL SITE

社会福祉法人くらしのハーモニー

エントリー

OFFICIAL SITE

ブックマークする

pagetop