社会福祉法人生活クラブ の先輩職員紹介

仕事へのやりがいと自身の成長が実感できます

木富 友佳里

2014年入社 淑徳大学 総合福祉学部卒

座右の銘は『初志貫徹

中学生の頃、特別養護老人ホームでボランティアして福祉業界を意識するようになったのですが、就職活動で10施設ほど見学し「雰囲気がいい!」と直感が働いて生活クラブ風の村に入職しました。

大学で学んで社会福祉士を取得しましたが、介護の知識はゼロ。心配でしたが、入職後に業務で介護職員初任者研修を受けさせてもらい、現場に配属された後も、しばらくは先輩が付いて丁寧に教えてくれました。独り立ちした後も先輩が気に掛けてくれますし、研修が多く安心できました。

特養でユニットリーダーを経験し、その後本部で採用に関わり、今は相談事業所で働いていますが、どの部署でも先輩や上司が何でも教えてくれましたし、研修もあるので、成長を実感できます。毎日新しい刺激や気付きがあり、やりがいに繋がっています。

法人のココがおすすめ

「幅広いキャリア経験が可能です」

生活クラブ風の村では、キャリアエントリーという制度があります。年に一度、全職員が自分のキャリアを考え、働きたい職種・部署・将来的なビジョンなどについて希望を出せる制度です。

私は社会福祉士の資格を持っていたので、相談職に就くことを希望していましたが、まずは介護職で福祉の経験を積もうと考えていました。最初は特養ホーム八街で介護の仕事を行ないユニットリーダーを経験し、次に本部人事課で採用の仕事を行ないました。キャリアエントリーで相談職を希望して、今は船橋市の総合相談事業所さーくるで相談の仕事に携わっています。色々な職種を経験したことが、今の仕事に活かされています。

キャリアエントリー制度は、本人の希望を人事異動に活かしてくれる制度なので、色々な経験を積みながらキャリアアップが出来ますし、視野が広がります。他の法人にはあまりない制度なのでオススメです。

今後は相談職の経験を積んで、いずれは所長などのマネジメント層を経験したいなと思っています。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop