社会福祉法人共生社 の先輩職員紹介

毎日が新しく新鮮!18年間同じ日は1日もありません。

和田 浩司

2000年入社 城西国際大学 人文学部福祉文化学科卒

座右の銘は『意識を高く持って!

支援員として、18年間共生社で仕事をしてきました。仕事に出て、「おはよう」とみなさんに挨拶する瞬間から、利用者のみなさんの元気な声、優しい声、生き生きと仕事に出てくる声を聞いていると、1日とも同じ日はありません。その日の天気や、一人一人にあった出来事も違います。
そのような中で、支援員として、利用者の方々の状況や気持ちをよく理解し、その方にとって必要な支援とは何か、考えながら、寄り添っています。
わたしは、共生社で働けることを誇りに思っています。なぜかというと、共生社には、他の福祉の事業所とは違う、ここにしかない取り組みや、実践があるからです。理念に沿った実践の積み重ねは、時には時間と労力をかけ、継続していく大変さを感じますが、日々、意識を高くして、自分の仕事に向き合っています。

休日の過ごし方

居心地の良い居場所がここにある。
高校時代、福祉の世界を見てみたいと思い、福祉文化学科に進みました。
その中でも共生社を選んだのは、「障害のある人もない人も共に暮らせる社会」という理念に感銘をうけたからです。
共生社で利用者の方々と共に、働いているとき、ふとした瞬間に、心が通い合うことがあります。両手を挙げて伸びをしているとき、利用者の方が、「あくびしてるー」と言い、わたしは「あくびじゃなくて背伸びだよ」と答えます。何気ないやりとりの中に、お互いがあじさいの空間の中で、冗談を言ったりしながら、信頼している、居心地の良い居場所となっていると感じます。
また、自分の趣味は、園芸と野球です。家では、自家製の野菜を作り、家族で食べたり、休日は息子が所属している学童野球のコーチをしたりしています。その趣味を仕事にも生かしています。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop