社会福祉法人嬉泉 の先輩職員紹介

成人療育を知る

渡邊 祥二郎

2015年入社 埼玉学園大学 人間学部こども発達学科卒

初めは子どもの療育が希望だったのですが、嬉泉での就職前実習では赤塚福祉園でお世話になりました。大人の人の療育はそれが初めての経験でしたが、実習の時点で「療育」としての興味や、子どもや大人といったことは関係なく共通した学べる点を感じ、実習が終わった時には大人の療育がやりたいという思いになりました。希望通り赤塚福祉園へ配属となりましたが、1年で保育士へと転属になりました。もう少し療育を勉強したかったなという想いもありますが、嬉泉では転属の希望などを伝える機会も、それを汲み取ってくれる風土も十分にあるので、今の園長には、保育士として色々と学んだ後には、いずれは赤塚福祉園へ戻って療育がやりたいという想いを伝えてあります。

法人のココがおすすめ

就活生に対して
あの分野で働きたいと固執しがちだと思いますが、実習などでできる限り色々な分野を体験した方が良いと思います。自分の知らなかった分野で学べるところを見つけ、将来自分の希望する分野を見つけた際には、学んだ経験をその仕事に繋げていく。またそれが出来るのも、多くの分野をカバーしている嬉泉の魅力だと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop