社会福祉法人四天王寺福祉事業団 の先輩職員紹介

障がい児・者の支援者を目指しているあなたへ

松宮真理

2014年入社 四天王寺大学 人間福祉学科保育専攻卒

座右の銘は『好奇心はいつだって新しい道を教えてくれる。

幼稚園の頃大好きだった先生への憧れから保育士を目指し、保育と福祉を学べる大学に進学しました。大学の実習で障がい児者の施設に実習に行かせて頂き、そこから障がい分野に興味を持ち、障がい児と関わる仕事がしたいと思うようになったのがきっかけです。進路を決める際私自身たくさん悩み不安に思うこともありました。少しでも興味のあることは自分から積極的に挑戦して色々な場所に足を運んでみて下さい。そこから新しく興味の持てる分野を発見出来たり、やっぱりこの分野がいいと確信が持てることもあると思います。大変なこともあると思いますが頑張って下さい。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

就職した当初は、子どもたちとの関わりに悩んだりしんどいと思うこともありました。でもそんな時、先輩たちが気さくに相談に乗って下さったり、私が失敗した時には先輩自身の失敗談を話して下さったりとたくさんのフォローがあったからこそ乗り越えられたのだと思います。
この仕事をしてよかったと思うことは、勤めているのが障がい児入所施設なので子どもたちの生活自体に関わることができるため、子どもたちが少しずつ成長していく姿を近くで見れることです。入所当初はあまり発語がみられなかった子が、話すことの楽しさを知り、不明瞭ではありますが職員にたくさんの話を一生懸命伝えてくれたりします。また、子どもたちと一泊レクといって一泊二日の旅行に行ったり、園外支援などに行くこともあるのですが、一緒に行った子たちが楽しかった、今年も一緒に行きたいなど言ってくれることも私にとってはとても嬉しいことで、働き甲斐だと感じています。

エントリー

OFFICIAL SITE

社会福祉法人四天王寺福祉事業団

エントリー

OFFICIAL SITE

ブックマークする

pagetop