社会福祉法人奉優会 の先輩職員紹介

実際に足を運ぶ、そして、自分を信じること。

小林 加歩

2018年入社 大妻女子大学 人間関係学部 人間福祉学科卒

座右の銘は『do not fear failure(失敗を恐れない)

実際に現場や働いている職員を見ることが大切だと思います。
法人内でも1か所には限らず、いろんな事業所を見ることで、将来自分がやりたいこと、挑戦したいことが明確になります。
働いてみないとわからないこともありますが、自分を信じて頑張ってください!

法人のココがおすすめ

大学で社会福祉を専攻し、相談員になるために介護を学びたいと思いました。奉優会は高齢者福祉の多岐にわたる事業があり、地域包括支援センターも運営しているので、スキルアップに繋がると入職を決めました。

配属先ではユニットで先輩に教わりながら介護技術を身につけました。最初は時間がかかっていた食事や着替えなどの介助にも慣れ、周りを見る余裕ができるといろいろなことに気づき、ご利用者様と話せる時間も増えて仕事がどんどん楽しくなってきました。アットホームな雰囲気の中にも、食事中にむせたり、転倒などの危険がないように緊張感を持って接することを心がけています。

上長との面談で目標を話せる機会があったり、業務で不安に思うことは先輩に聞きやすく、できたときは褒めてもらい自信がつきました。私はピアノを弾くことが好きなので、今後は演奏会などのイベントも積極的に企画していきたいです。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop