社会福祉法人生活クラブ の先輩職員紹介

介護の仕事

浅井佑介

2018年入社 淑徳大学 総合福祉学部卒

座右の銘は『目配り・気配り・心配り

私は介護の仕事を恵まれた仕事だと感じています。
入職する前はマイナスのイメージが強かったので相談職になるまでの我慢だと思っていました。しかし、実際に働いてみると、マイナスなことよりも嬉しいことのほうがたくさんありました。
介護の仕事は「ありがとう」と毎日直接言ってもらえる仕事です。普段はぶっきらぼうで、暴言などはいてしまう方でも真摯に向き合い続けたら「ありがとう」と笑ってくれたりもします。そんな一つ一つの「ありがとう」と「笑顔」がとても嬉しく、やりがいにもつながります。また、利用者様の人生の最期をその人らしく迎えられるように支援することができる素敵な仕事でもあります。こんな素敵な介護の世界に一人でも多くの方が入ってきてくれればいいなと思っています。

法人のココがおすすめ

生活クラブ風の村の一番のおすすめは、先輩職員が非常に優しいところです。
私は大学で社会福祉の勉強をしましたが、介護の知識は全くなかったので、入職する前は不安でいっぱいでした。そんな私に、所長は「介護の仕事は想いや考え方を持つのが大事。大丈夫。技術は後からついてくるから」とおっしゃっていただき、その言葉が今でも心の支えです。
働きだしてからも、初めは先輩職員との同行から始まり、「最初はできなくて当たり前!一つずつ丁寧に覚えていこう。わからないことがあったら、わかるようになるまで何回でも聞いていいからね!」と優しくおっしゃってくださり、本当に丁寧に何度も教えていただきました。また、時間が少しでもできたら、できるようになるまで移乗介助の練習に付き合ってくださいました。同行が終わってからも「休憩はちゃんととれてる?」「残業はない?」など、いろいろと気遣って下さいます。また、「〇〇しといてくれてありがとう」と、ちょっとした小さなことでも褒めてくれるなど、自分の行った仕事を見ていてくださるので、仕事のやる気にもつながり、働きやすい職場環境を作ってもらっています。私も将来はそんな先輩になりたいです。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop