社会福祉法人南山城学園 の先輩職員紹介

気軽に産休・育休が取れました!

中越 祐衣

2014年入社 佛教大学 社会福祉学部卒

座右の銘は『あまり気を張らずに、のんびりゆっくりと

南山城学園では共働きの先輩職員が多く、また妊娠中、皆さんが体調を心配くれたり、介助対応を交代してくれたりと心遣いをしていただいたこともあり、産休・育休をとりました。また育休中、子どもと一緒に施設に顔を出した時、利用者様の「また戻ってくる?早くおいでな」の言葉がとても励みになりました。
給付金などの申請は事務局が対応してくれますし、産休・育休について分からないことはいつでも教えてくれるので助かりました。育休復帰してからは、1歳になるまでは時間短縮勤務、1歳になってからは日勤のみフルタイムから徐々に変則勤務を増やしていく形で調整してもらっています。取得も取得してからも、子育てしながら働くのが当たり前な環境です!

休日の過ごし方

夜勤もあるローテーション勤務ですが、1歳半の娘がいる今は、基本的に土曜日はお休みをもらっています。
平日は、保育園に仕事に大忙しな毎日ですが、土曜日だけは家族みんなが唯一揃う日なので、ゆっくり買い物をしたり、遠くにお出かけしたりしています。
夫の仕事が土曜日にある時は、2人で公園に行ったり祖父母や曾祖父母たちに会いに行ったりしています。
娘は、祖父母や買い物、公園が大好きなので、「じぃじとばぁばのお家に行くよ!」と言った時や「買い物行こう、公園に行こう!」と言った時は、ルンルンで準備をします♪
仕事で長い時間離れていて寂しい思いをさせている分、休みの日はなるべく娘と一緒に過ごせる時間を作っています!

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop