NPO法人寝屋川市民たすけあいの会 の先輩職員紹介

働く、って難しい。まずはとりあえず一緒にやってみる。

中務飛鳥

2003年入社 同志社大学 社会学研究科修士課程終了卒

座右の銘は『人生は常に発見に満ちている

自分の子どもが障害をもって生まれてくることも、突然の事故で今までと同じような生活が送れなくなることも、人と接するのがしんどくなって学校や社会に出るのが困難なことも、それらはぜんぶぜんぶ、ニュースやドラマの中の世界ではなく、いつでも私たちの身近にあります。一方的に見るそれとはちがい、もちろんたいへんさや難しさはリアル。でも、それ以上に喜びや楽しさはダイナマイト!!
楽しいを見つけること、生きがいを見いだすこと、嬉しいを紡ぐこと。いろんな世代のいろんな価値観の人と出逢って一緒に考え、経験する。そこには障害がある、ないは関係なく、得意なことを自分らしく発揮し、苦手なことを支え合う。そんな社会であったらいいなと願い、まずは身近な「たすけあいの会」という場で取り組んでみている毎日です。

休日の過ごし方

フラメンコのレッスンで楽しいけど難しいことにチャレンジ
ピラティスで自分のからだと向き合う
ランニング、サイクリングで季節を感じる、からだを動かして無心になる
旅番組や雑誌を見て、次に行ってみたい国や場所を考える
おいしいお酒とおいしいご飯
ひたすらぼんやり ごろごろ ダラダラ

エントリー

OFFICIAL SITE

NPO法人寝屋川市民たすけあいの会

エントリー

OFFICIAL SITE

ブックマークする

pagetop