社会福祉法人向陵会 の先輩職員紹介

「楽しい」を共有したい

紙谷 友美

2012年入社 京都府立大学 公共政策学部卒

座右の銘は『やりたいことは全部やる

 私は社会福祉実習でひまわり園に来たとき「ここで働きたい」と思いました。知的障害を持つ友達はいましたが、知的障害者施設に足を踏み入れるのも、成人の障害者と関わるのもそのときの実習が初めてでした。不安と緊張を抱えながら踏み入ったひまわり園は、職員のみなさんも利用者さんも楽しそうでした。私は、ただ「楽しそう」というだけで職場を選びました。入職してからも毎日楽しくて仕事に行くのを楽しみにするくらいでした。経験が増えるごとに、責任も大きくなり、悩むこともあるし、楽しいだけではないことも増えましたが、7年目になった今でも利用者支援は変わらず楽しいです。毎日、いろんな発見があり、気づきがあり、笑わされたり、感動させられたり忙しい日々です!

法人のココがおすすめ

向陵会のおすすめポイントは自分の夢を語れるところです。定期的に上司との面談があるため、自分のやりたいことや目指すもの、なりたい自分を上司に伝えることができます。そして、明確なビジョンや計画があれば、それに向けて協力してもらえる環境があります。また、障害者の日中活動支援が主な法人事業ではありますが、就労支援、24時間の生活支援、余暇活動支援、高齢者支援、障害児支援などさまざまな事業に取り組んでいるため、幅広い経験を積むこともできますし、適性に合った場所・やりたいことを見つけやすいです。福祉の道で、積極的にキャリアアップ・スキルアップを目指すにはとてもいい職場だと思います。さらに、研修への参加や資格取得支援制度も充実しているので、働きながらスキルアップも目指せます。私は働きながらヘルパー2級、精神保健福祉士、介護福祉士を取得しました。専門学校に行くためにシフトを調整してもらったり、金銭的な援助があったりと個人的なスキルアップにも協力的です。他にも法人オリジナルの新人研修や外部講師を招いての全体研修を企画したり、経歴や職種に応じた研修へ参加に積極的だったりと自分の可能性が広がる職場です。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop