NPO法人ぴよぴよ会 の先輩職員紹介

充実した研修と過ごしやすい職場環境

原 果那恵

2018年入社 同志社大学 政策学部卒

座右の銘は『日々勉強!

大学時代にユニバーサルデザインの推進活動に携わり、障害に関する知識をより深めたいと感じたことと、子どもと関わるボランティア活動の経験やNPOへの興味などからぴよぴよ会で働きたいと思いました。面接時や実習時に感じたアットホームな職場の雰囲気、充実した研修制度や業務内容に惹かれ入社を希望しました。
入社後は1か月の研修期間が設けられており、実際の職場の様子を肌で感じながら様々なことを学びました。定期的な会議や勉強会があるため社員同士で顔を合わせる機会も多く、非常に情報共有しやすい環境です。
実際に働いてみて、メンバー1人1人の自立支援をしていくことの難しさを日々感じていますが、そんな中で子ども達の笑顔や成長を見られるとやりがいを感じます。経験豊富な先輩方に囲まれて日々全うできますよ!

この仕事やっててよかったと思う瞬間

実際に働いてみて、利用者さん一人一人と向き合い、尚且つ、自立支援を考え促していくということがいかに難しいものであるのか痛感しています。とはいえ、勉強会や講座、定期的な会議や活発的なコミュニケーションがあるが故に、利用者さんとの関わり方や自分のそこでのあり方を模索して過ごす日々の中にも喜びや発見、気付きが溢れています。例えば、実生活での発語はあるものの学校や放課後等デイサービスにおいては発語が一切みられない利用者さんと接した際、初めはどのように信頼関係を築いていけば良いのか分からず、頭を抱えました。アイコンタクトや声掛けを大切にしていたもののそれだけでは利用者さんについて上手く把握しきれず、コミュニケーションをどのようにとれば本人にとって過ごしやすいのか分かりませんでした。そこで先輩がされている支援の取り組み方を真似てみたり、勉強会等で得た方法を導入してみたりと工夫をしてみると利用者さんの笑顔を見る機会が増え、本人からの発信を見受けられるまでになりました。利用者さんの自立や成長は勿論、自分も成長できる場というのがここにはあると思います。豊富な知識や経験溢れる先輩方に囲まれ日々全う中です。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop