社会福祉法人びわこ学園 の先輩職員紹介

経験を通して知る事の大切さ

河合 孝輝

2017年入社 びわこ学院大学 教育福祉学部卒

座右の銘は『継続は力なり

私は「障害者と関わる仕事がしたい」という漠然とした思いがあり、その思いからびわこ学園への就職を希望しました。しかし、障害者と関わる仕事は多岐にわたります。
まず自分はどのような事がしたいのかをよく考える事が大切だと思います。その上で、自分に合った業種、施設を探すと良いと思います。しかし、実際に働いてみないと分からない事もたくさんあると思います。
そのため、自分が興味のある業種や施設について少しでも知るために、可能であればボランティアやアルバイトをする事で事前に経験を積む事も大切であると思います。現場の職員さんや利用者さんからしか学べない事を学ぶ機会になると思います。
様々な情報や経験を踏まえて自分の進路を選択して欲しいと思います。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

この仕事をやっててよかったと思う瞬間は、利用者さんとの関わりの中で、信頼関係が築かれているのではないかと感じる事が出来たときです。
私の施設では朝、利用者さんを施設から送迎バスで迎えに行くのですが、送迎バスに職員も添乗します。ある利用者さんのお母さんから、「うちの子どもは、河合さんが迎えに来た時、嬉しそうに笑って喜んでいました。その様子を見て、普段から丁寧に関わってくださってるんだろうなという事が伝わってきて安心しました。」と言われました。この時、とても嬉しかったのを覚えています。自分でも知らない間に利用者さんとの間に信頼関係が築かれていた事、お母さんがそれを見てくださっていた事がとても嬉しかったです。その時、この仕事をやっててよかったと思いました。
 利用者さんに対してこちらの思いが言葉では伝わらない時がある、それぞれの利用者さんに特有のこだわりがある等、人と関わる仕事ならではの悩みやトラブルもあります。しかし、利用者さんとの関わりや保護者の方との関わりの中で、何ものにも代え難いほど嬉しい瞬間もあります。それはこの仕事ならではの喜びだと思います。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop