社会福祉法人びわこ学園 の先輩職員紹介

挑戦する事の大切さ

吉川 紗生

2017年入社 華頂短期大学 介護学科卒

座右の銘は『誠心誠意

 私は高齢者施設に就職したくて介護の勉強をしていましたが、在学中に障害分野のびわこ学園に実習に行くことになりました。最初は障害を持っている方と関わることは向いていないと思っていました。だけど、実習を通じて利用者さんと関わるうちに、もっと利用者さんと過ごしてみたいと思うになり、就職を希望しました。
 今は、自分のやりたいことが見つかっていなくても、”色々な分野にチャレンジする事”が大切だと思いました。自分で向いていないと思っても挑戦してみることで、知らなかったことに出会い「楽しい」と思ったり「続けてみたい」と思うことがあるが見つかるかもしれません。
 まずは少し興味のある仕事に、インターンシップやアルバイトからでも挑戦してみてください。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

 この仕事をやっていて良かったと思う瞬間は、利用者さんの思いが少し分かった時です。始めの頃は、利用者さんが伝えてくれていることが分からず悩みました。だけど、分からないことは何度もご本人に確認する関わりをもつようにしました。利用者さんも何度も伝えようと話してくれました。そのお互いの思いが通じ、伝えたいことがお互いにわかった時、利用者さんも安心して笑顔を見せてくれました。その瞬間がとても嬉しかったです。
 利用者さんとそんなやり取りを何度も繰り返していく事で、就職して2年が経とうとしていますが、少しずつ利用者さんが伝えてくれていることが分かるようになってきました。利用者さんに言葉が無くても、身振りや視線など何らかの方法で伝えてくれています。利用者さんの思いが汲み取れるように、利用者さんとのコミュニケーションを大切にしながら関わっていく事が大切だと改めて感じました。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop