社会福祉法人大潤会 の先輩職員紹介

現場から学び、活かせる嬉しさ

重谷 匡人

2016年入社 種智院大学 人文学部社会福祉学科卒

座右の銘は『初心忘るべからず

大学で社会福祉について実習やボランティアを行い、様々な福祉現場を見てきました。その中でも障がい者の就業に関して興味を持つ機会があり、現在に結びついています。
実際に働いてみて思ったことは、利用者の方々に作業を教えていくことは簡単なことではありません。こちらが利用者様にわかると思い伝えたことが、伝え方次第で間違って伝わることもありました。そのような時は、現場の先輩方から伝え方を教えていただきました。そんな経験を重ね、作業をうまく伝えられるようになった時、利用者様もできることがどんどん増えてきました。利用者様が嬉しそうにされる姿を見て、私自身も嬉しい気持ちになりました。
現場経験を活かし、先輩方のような利用者様の立場で考えられる職員を目指し、日々勉強しております。

この仕事やっててよかったと思う瞬間

大学卒業後に入職し、就労継続支援B型事業で支援員として仕事をしています。
作業や生活の支援の中でやってて良かったと思う瞬間は、利用者様が出来なかったことが出来るようになったときです。
入職当初の記憶で鮮明に覚えているのは、これまで利用者様が行ったことのない作業を教えることを任された時のことです。初めての作業ということで利用者様は苦手意識の中で作業に入り、私の伝え方が悪く、うまく作業に繋げられずにいました。利用者様と私で四苦八苦しながら、作業をしている時に先輩職員からの助言をいただき、作業の手順や道具を変えたり、伝え方を工夫したりしました。試行錯誤を繰り返し、利用者様が作業を出来るようになった時、本人から「重谷さん、出来ました!」と自信を持って発言された時、とてもうれしく思いました。
今振り返って見ると、ある作業の様子の一コマではありますが、伝え方ひとつで出来るようになる場合や出来ないようになる場合があることを経験しました。初めて出来た時の達成感を忘れず、これからの支援に繋げていきたいです。

エントリー

OFFICIAL SITE

pagetop