『声なき声に、耳をかたむけ続ける』

NPO法人み・らいず

『声なき声に、耳をかたむけ続ける』

NPO法人み・らいず

地域にはまだまだ支援を必要としている人がいる。
例えば「貧困」と呼ばれる状態にある子どもたち。

子どもたちが、暮らしの状況に関係なく、
やりたいこと、目指したいことがあって、
自分らしく生きていけるように。

もっと早くから本人にあった支援を届けたい。
誰もが子どもの頃から様々な経験と学びを得て、
自分の意思で様々なことにチャレンジできる、
そんな社会をつくっていきたい。

  • 障害 児童・保育 若者支援 その他

大阪府兵庫県

2021卒
しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報
WHAT
なにをやっているか

子どもの貧困、不登校、引きこもり、障がいなど、
地域には様々な課題を抱えた人が生活しています。
誰もが自分らしく暮らしていける社会をつくるため、声なき声に耳をかたむけ続け、必要な人に必要な支援を作り続けています。

●貧困の連鎖を断つ
貧困状態など家庭環境に恵まれない子どもたちのために、家でも学校でもない、「第三の居場所」を運営。自己肯定感を育み、生活習慣を整えるなど、将来の自立に必要な力を育みます。

●ソーシャルスキルトレーニング
発達の気になる子ども向けに、人と関わる楽しさを学べる教室を運営。あいさつや友だちとの関わり方、意思の表現方法など、集団活動に必要なスキルを学び、将来の可能性を広げます。

●「暮らす」と「遊ぶ」を支援
障がいのある方の生活と余暇の支援をしています。自分の暮らしを自身の意思で選択できるように、生活に必要なスキルを身につけ余暇や遊びの中で興味や経験を増やします。

WHY
なぜやるのか

み・らいずの原点は、代表が大学生時代に出会った、重度の障害がある方とそのご家族。

「なんでこんなにいい人たちが、こんな思いをしないといけないんだ」「この課題をなんとかしたい」という想いが、み・らいずの出発点であり原動力。

み・らいずは、「だれもが自分らしく地域で暮らすことができる社会」の実現を目指します。

地域にはまだまだ支援を必要としている人たちがいます。
例えば、「貧困」と呼ばれる状態にある子どもたち。

子どもたちが、暮らしの状況に関係なく、やりたいこと、目指したいことがあって、自分らしく生きていけるように。

もっと早くから本人に合った支援を届けたい。
だれもが子どもの頃から様々なな経験と学びを得て、
自分の意思で様々なことにチャレンジできる、
そんな社会をつくっていきたい。

HOW
どうやってやっているのか

●新しいチャレンジを続ける
み・らいず2 のミッションは、必要な支援をつくり続けることです。困りごとに向き合い、必要な支援が無いなら、必要な支援をつくり出す。 み・らいず 2 が創業時から大切にしている想いです。この先もずっと、形を変え続けながら、必要な支援を届け続けます。

●OneTeamで課題に取り組む
全スタッフが集まる"ガッシュク"では、み・らいず 2 に関わる全ての人が幸せになるために、何が必要かを考え、スタッフ同士で熱く、語り合っています。One Teamで社会課題解決に取り組んでいます。

●大学生ができることがある
み・らいず2 の活動は、大学生によって支えられています。子どもと歳の近い存在だからこそ、一緒に楽しく遊べる。一緒に安心して過ごせる。苦手なことにもチャレンジできる。大学生のような若い力と柔軟な発想力でこれからの社会をつくっていきます。

POINT1
いろんな事業を展開

「子どもの貧困」解決のための取り組み

み・らいず2では20年間、出会った子どもたちの困難な状況の背景にある多様な要因に気づき、その都度必要な支援をつくり、行政や民間問わず必要な機関・団体との連携も進めてきました。

近年は「子どもの貧困」解決のために居場所開設、子ども食堂の運営、フォーラムの開催等を新たに行ってきました。活動を通して貧困状態におかれているためにさまざまな機会が制限される子どもたちと出会い、社会に気づかれないまま多く存在していることを知ったためです。

POINT2
部署間での交流やコミュニケーションが盛ん

さまざまな専門性をもったメンバーでのプロジェクトチーム

6つの事業のほかにも、法人の理念を達成していくために必要なプロジェクトが毎年いくつも生まれます。
さまざまな事業部から集まったスタッフでプロジェクトチームを組んで進められていきます。さまざまな専門性をもったメンバーと仕事を行うことで、刺激を得たり、新しい仕事にチャレンジしていく機会にもなっています。
【プロジェクト例】
●中学生向けの福祉教育事業
●子ども食堂の企画

そのほか合宿や研修、新入社員歓迎会や文化祭等、社内イベントが盛りだくさんです。

POINT3
地域連携、街づくり

地域の子どもたちと出会い、支援につなぐ

住之江区ではヘルパー派遣をはじめとして、子ども食堂の運営、子どもの生活支援を行うデイサービス、不登校児の居場所づくりを展開。地域の課題やニーズにこたえ、支援に必要な子どもに出会い、必要な資源につなげるために活動を行っています。

み・らいずの本部がある大阪市住之江区では、20年前に活動を開始。地域の方々と出会い、さまざまな協力をいただきながら活動に取り組んできました。地域のみなさんと一緒にケース共有、勉強会等も開催しています。

採用情報

  • 募集職種/業務内容 総合職
    勤務する可能性のある場所 【大阪府】大阪市住之江区、堺市、高槻市【兵庫県】尼崎市
    採用予定人数 4名
    担当者/連絡先

    宮武 貴史
    TEL:050-5840-3113
    MAIL: recruit@me-rise.com

法人情報

  • 法人名 NPO法人み・らいず
    法人住所 〒559-0015
    大阪府大阪市住之江区南加賀屋4-4-19
    事業内容 遊ぶ事業 
    ガイドヘルパー派遣
    学ぶ事業 
    デイ、発達障がい児等の学習支援、生活困窮世帯の学習・居場所支援
    育む事業
    児童発達支援、不登校児通所支援、第三の居場所
    暮らす事業
    ホームヘルパー派遣、医療的ケア
    働く事業
    就労移行支援、サポートステーション
    描く事業
    子ども若者総合相談、障がい者計画相談
    Webサイト/SNS

    公式Webサイト

    Twitter

    Facebook

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報

PAGE TOP