社会福祉法人正夢の会

「心に添った支援で安心と満足を」

社会福祉法人正夢の会

「心に添った支援で安心と満足を」

  • 障害 児童・保育

東京都

2020卒

障害者支援活動を行っている団体です。一人ひとりが、地域の中に「在る」こと。その当たり前の小さな「幸福」が、人生の豊かさや生まれてきた喜びに繋がります。私たちは、一人ひとりの「心に添った支援」をめざし、支援を必要としている方々と、地域の中で共に歩むことを喜びとする法人でありたいと思います。私たちの活動は1992年、東京都江東区ではじまりました。そのときは「夢の会」といいました。「夢」を「ゆめ」で終わらせてはいけない・・その思いは「夢の会」という名称を「正夢の会」に変えました。

  • 障害 児童・保育

東京都

2020卒
しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報
WHAT
なにをやっているか

平成14年に法人認可を受け、初年度に入所施設パサージュいなぎを立ち上げ、今までに15拠点58事業を展開しています。地域で暮らす方々が自分らしくそのままに地域に在る事を目指し、一人ひとりの「心に添った支援」をモットーに歩み続けています。稲城市、多摩市、昭島市、中野区で、ライフステージに沿った支援を行っています。事業は多岐にわたり、施設入所支援、通所事業、グループホーム、相談・就労・発達支援センター、放課後等デイサービス、児童発達支援事業、居宅介護、移動支援など、地域生活に必要な事業をそろえています。また、東京都からの委託を受け、発達障害者支援体制整備推進事業や、東社協での強度行動障害支援者養成研修など、職員の育成に向けて貢献しています。法人内での研修にも力を入れ、専門性や権利擁護意識の高い職員を育て、地域づくりに向けて力を尽くしています。思いを共にし一緒に歩んでみませんか?

WHY
なぜやるのか

人はみな幸福になる権利を持っています。福祉はサービスを利用される方々一人ひとりの、幸福を支援するという素晴らしい仕事です。正夢の会はその「幸福」をライフステージを通して支援し、一人ひとりが地域の中で自分らしく生きる事を目指しています。正夢の会では理念の中にある、一人ひとりを尊重した権利擁護の考え方、地域と共に歩む姿勢、創意工夫ができるサービスの創設と職員の育成を大切にしています。中でも権利擁護については、法人の中心に据え利用者一人ひとりを尊重し、心に添う事を目指しています。そのため権利擁護システムやオンブズマン活動を実施し、権利擁護活動に力を入れています。また統一した支援を実践するため、支援の二本柱としてTEACCHプログラムの考え方や心のケアを導入し、根拠を持ち説明できる支援を大切にしています。職員の熱い思いと、科学的な思考、ないものは作り出すという創造的な姿勢、これが正夢の自慢です。

HOW
どうやってやっているのか

正夢の会の職員には素敵な風土があります。みんなが優しい、仲がいいという事です。事業所の中には柔らかな風や温かい雰囲気が流れています。それだけではありません、新しい物を作り上げようとする強い力もあります。その思いを実現するために、5つの委員会を作り、研究心旺盛な活動をしています。特に理事長を中心とした事例検討会は年々、レベルが上がってきました。就職3年目の職員が、先輩の指導を受け事例を作り上げ、表彰を受けた事もあります。外部での講師や事例発表も行っています。そのためには丁寧な支援と専門的な学びが欠かせません。研修も盛んで、支援、権利擁護、マネジメント等など、委員会や各事業所で考えて実践しています。eーラニングも用意しており、個人の学びを進めています。目標管理制度も実践し、先輩や上司からの指導が受けられる体制を作っています。もちろん法人全体会もあり、その後の懇親会では大いに盛り上がっています。

POINT1
部署間での交流やコミュニケーションが盛ん

明るく前向きな空気にあふれる職場

明るく優しい職員がたくさんいます。先輩・後輩同士の仲も良く、日ごろから色々と先輩に相談したり、ご飯を食べにいったりすることも多いです。大きなイベントの際には、飲み会が開かれることもしばしば。事業所の垣根を越えて交流できる貴重な機会として、積極的に参加される方が少なくありません。法人設立時から働き続けている職員も多く、定着率はなんと9割にも上ります。

POINT2
教育・研修制度が充実(キャリアパス)

人材育成システム

正夢の会では、理論・実践・展開という3つの流れで人材育成を図っています。「理論」では、主にeラーニングによる学習システムを構築しています。いつでも、どこでも、何度でも、基礎知識が学べます。「実践」では、学んだことを実践し、定期的にスーパーバイザーによるアドバイスを受けながら支援のブラッシュアップを図っています。「展開」では、学会発表を行うとともに、地域の他法人の事業所との情報共有を図り、地域での生活を支えていきます。

POINT3
役職や年齢に関係なく、活躍できる

入職数年後に、事業の立ち上げにチャレンジした先輩もいる。

15事業所のうち、3つの事業は新卒で入社したスタッフの発想から立ち上がったもの。「やりたい」と思ったら、年齢も経験も全く関係なく、新たな事業が始まっていきました。思いついたことや考えたことは、実行に移せる環境です。「まずは自分から動き出す。」そのような自発的なスタッフが活躍しています。チームとして事業所をゼロから立ち上げ、さらに利用していただいた方々が「ここの地域にできて、本当に良かった。」そう喜んでいただける姿を見たときのヤリガイは格別だと思います。

採用情報

  • 募集職種/業務内容 生活支援員、児童指導員、保育士、看護師、心理士、言語聴覚士、作業療法士、他。なお、経験は問いません。正夢の会で働きたいと思う情熱があれば問題ございません。ただ、入職時に普通自動車免許を取得していることが条件となります
    勤務する可能性のある場所 【東京都】 稲城市:パサージュいなぎ(施設入所支援・生活介護等)、正夢の会グループホーム(共同生活援助)、地域活動支援センター「える」(居宅介護、移動支援、日中一時支援、放課後等デイサービス等)、コラボいなぎいなぎこども発達支援センター(児童発達支援事業等)、コラボいなぎいなぎワークセンター(就労継続支援B型)、マルシェいなぎ(相談支援、就労支援、計画相談)、レスポーいなぎ(発達障害支援センター) 多摩市:コラボたまワークセンターつくし(就労継続支援B型、生活介護等)、多摩市ひまわり教室(児童発達支援事業)、マルシェたま(就労支援、計画相談、地域活動支援センター) 昭島市:昭島生活実修所(生活介護等) 中野区:中野区立弥生福祉作業所(就労継続支援B型、生活介護、就労移行支援等)、鷺宮すこやか障害者相談支援事業所(相談支援等)、中野区療育センターゆめなりあ(児童発達支援事業、放課後等デイサービス等)
    採用予定人数 15名
    担当者/連絡先

    東福寺寛
    TEL:0423-331-4930
    MAIL: masayume-jinji@inagi-masayume.com

法人情報

  • 法人名 社会福祉法人正夢の会
    法人住所 〒206-0822
    東京都稲城市坂浜1951-5
    事業内容 施設入所支援、生活介護、短期入所、緊急一時保護事業、就労継続支援B型、就労移行支援、共同生活援助、居宅介護、行動援護、重度訪問介護、同行援護、短期入所、移動支援、日中一時支援、放課後等デイサービス、児童発達支援、療育相談、就労支援、各種相談支援,発達支援センター、地域活動支援センター、他:58事業
    Webサイト/SNS

    公式Webサイト

    Facebook

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報

pagetop