挑戦!発見!新しい自分、そして社会!

社会福祉法人かたるべ会

挑戦!発見!新しい自分、そして社会!

社会福祉法人かたるべ会

「かたるべ会」の基本理念は障碍がある無しに関わらず、社会人として普通に暮らせる社会の実現に向け活動します。また、「仕事」「生活」「余暇」という生活リズムがバランスよく保たれることも重要です。「仕事」では適材適所の社会的労働、就労を追及し、「やれることはやる」を原則に、積極的に仕事をします。「生活」では経済的・精神的に自立した生活の実現を援助します。グループホーム、結婚や子育て、一人暮らしなど、普通の生活を実現します。「余暇」では自分の時間を自由に過ごせる環境を実現します。

  • 障害 児童・保育 その他

神奈川県

2021卒

トピックス

障碍者と職員の関係を含め、人と人の関係は対等です。

地域生活をするためには、多くの壁が存在します。
その壁を壊す力の源は、「現状の社会に対する強い問題意識」と、人が人として大切にしあえる社会の実現をしようとする「心」と「行動力」です。

この法人に興味を持ったら!

エントリー

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報
WHAT
なにをやっているか

障碍者福祉施設
障碍者の「仕事」「生活」「余暇」支援をしています。
「仕事」…就労支援、作業支援、職域開拓活動支援
障碍の程度に関わらず、全員「就労」に向けて、仕事中心の活動をしています。
児童や高齢者施設でのボランティア活動や主婦(夫)業も含めて、「仕事」と捉えています。
また、不登校や引きこもりで社会との繋がりが少ない方の居場所作り支援もしています。
「生活」…グループホーム生活支援、一人暮らし支援
障碍の程度に関わらず、自立に向けた支援をしています。
グループホームで結婚、子育てをしている方もいます。
必要に応じて、送迎対応をしている方もいます。
また、地域の自治会には積極的に参加し、地域の方々との相互理解を深めています。
「余暇」…ガイドヘルパー、サークル活動、イベント
趣味嗜好は一人ひとり違うので、基本的には個別支援です。
その他、ゲームサークルや年に数回イベントもあります。

WHY
なぜやるのか

(基本理念~一部抜粋~)
社会福祉法人「かたるべ会」は障碍がある無しに関わらず、社会人として普通に暮らせる社会(ノーマライゼーション)の実現に向け活動します。
また、仕事(社会参加)、生活(衣食住)、余暇という生活のリズムがバランスよく保たれ、メリハリのある生活が確保されることも重要です。
障碍者の支援を通して、誰もが暮らしやすい社会をつくることが目的です。

HOW
どうやってやっているのか

無資格、未経験の方も活躍しています。
新卒採用に限らず、中途採用の方もいるため、社会人経験豊富な職員が多いです。音楽関係、IT関係、イベント関係、製造関係等、様々な職種を経験している職員が多いので、日頃の活動も柔軟な発想で支援をしています。
また、新卒や中途に関わらず、新人職員研修として法人内プログラムもございますので、安心して仕事に取り組むことができます。座学ではなく、ワークショップ中心の参加型研修です。
そして、年に一度は自分の仕事を振り返る機会があり、職員同士でコミュニケーションを深めています。

POINT1
新しい事へのチャレンジを応援

否定される文化から、肯定する文化へ

かたるべ会では苦手な部分や弱い部分に注目するのではなく、得意な部分や強い部分に注目した活動に力を入れたいと考えます。肯定される文化へと変わっていったとき、生きがいや働きがいの持てる社会になることは間違いありません。<カルチャーチェンジ指針>(1)強みに注目し、弱みに注目しない(2)違いを認め合う(3)遊び心を取り入れ、楽しく、生き生きと(4)円滑なコミュニケーション(5)挑戦!発見!新しい自分、そして社会!

POINT2
ユニークな取り組み(制度外・自主事業)

「必要とされている」と感じる職場を実現します

かたるべ会ではオリジナル制度があります。面談を通して仕事の内容をお互いが確認し、貢献度および職務能力に応じた賃金を支払う「ジョブランク制度」を採用。一人ひとりの意見を尊重し、自由にアイデアを提案し実行できる「企画提案制度」の実施。研修も充実しています。職員間コミュニケーションを深め、支援の質を高め、「一人ひとりが大切な人たちであり、必要とされている」と実感できるような職員全体研修も年2回行います。また子育てや介護等、職員それぞれの家庭環境に配慮した働き方にも柔軟に対応しています。

POINT3
地域連携、街づくり

相互理解のある社会の実現に向けた取り組み

障碍を知ってもらうだけではなく、お互いに理解し合う社会を目指して、音楽や演劇活動等を障碍のあり無しに関わらず、プロアマ問わず、一緒に活動しています。
グループホームでは自治会の役員として、積極的に活動に参加し、また、職員のお子さんが所属する地域の子供会、幼稚園の保護者会、PTAなど、様々な活動に積極的に関わり、相互理解を深めています。

2007年入社
いろんな人の話を聞いてみてください!
鈴木 啓太
社会福祉法人かたるべ会
法政大学現代福祉学部 卒
詳細を見る
2010年入社
人と会う機会を積極的に!
松本 亮
社会福祉法人かたるべ会
関東学院大学文学部 卒
詳細を見る

採用情報

  • 募集職種/業務内容 【支援員】①就労支援員:受注作業や販売活動、施設外就労や企業実習等を通して、就労支援をします。就労後も期間に関わらず、定着支援をします。職域開拓として演劇や講演、音楽、取材活動の支援もします。 ②生活支援員:グループホームでの生活を支援します。簡単な調理、共有部分の清掃、服薬や金銭管理、その他にも買い物や契約、通院付添い等の生活に関わる支援をします。一人暮らしや子育て、結婚生活支援もします。
    勤務する可能性のある場所 【仕事(日中活動)】 「第1かたるべ社」 横浜市緑区鴨居1-8-6 「第2かたるべ社」 横浜市都筑区池辺町5482-3 「第2かたるべ社 分室」「あそび本舗」 横浜市都筑区池辺町4317-1 「第3かたるべ社」「短期入所」「かたるべ地域相談室」 横浜市都筑区川和町246 「ジャスミン」 横浜市都筑区中川中央1-7-2 嵯峨野ビル1階 「うれしの」 横浜市都筑区川和町2435 【生活(グループホーム)】 横浜市緑区、都筑区、青葉区内 「グリーンハイツ」、「ビーンズ」、「アムール」、「ハイツマモル」、「フォレスト」、「セルフィッシュ」、「第2ビーンズ」、「アローズ」、「第2グリーンハイツ」、「アポロ」、「ジャスパー」、「マモルハウス」、「スカイ」、「フラット」、「フレンズ」
    採用予定人数 5名
    担当者/連絡先

    鈴木 啓太
    TEL:045-507-9215
    MAIL: p-harmony.suzuki@katarube.com

法人情報

  • 法人名 社会福祉法人かたるべ会
    法人住所 〒224-0003
    神奈川県横浜市都筑区中川中央1-7-2 嵯峨野ビル1階
    事業内容 ・障碍福祉サービス
    就労移行支援/就労継続支援B型/生活介護/共同生活援助/短期入所
    ・地域生活支援事業
    移動支援
    ・計画相談支援
    ・障碍児通所支援
    放課後等デイサービス
    Webサイト/SNS

    公式Webサイト

    採用サイト

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報

pagetop