法人設立50年以上。さらなる発展・飛躍を目指して!

社会福祉法人阪神福祉事業団

法人設立50年以上。さらなる発展・飛躍を目指して!

社会福祉法人阪神福祉事業団

阪神福祉事業団は阪神間の6市1町(尼崎市、西宮市等)により、住民の福祉の増進を図るために昭和39年に設立されました。兵庫県西宮市北部地域から法人がスタートして50年以上。6市1町の住民の皆さんのセーフティネットとしての役割を担ってきました。2019年10月「ななくさ育成園」及び「ななくさ厚生院」が順次宝塚市に移転改築をします。これまでと変わらぬ利用者主体の精神と、培ってきた信頼を宝塚市でも発揮し、地域の皆さまと支え合い、愛される福祉施設を目指し発展していきます。

  • 高齢 障害 児童・保育 その他

兵庫県

2020卒
しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報
WHAT
なにをやっているか

阪神間6市1町(尼崎市、西宮市等)の福祉の増進を図るため設立された社会福祉法人です。学齢期から青年期、高齢期まで様々なライフステージに応じた福祉事業を展開しています。また、全国的にも数が少ない、阪神間では当法人のみである救護施設を運営し、身体や精神に障がいがあり、経済的な問題も抱えている方への支援も行っています。利用者さまが日々の生活の中で主役となれるよう、また、豊かな人生を送られるよう、常に利用者さまの近くで寄り添い支える仕事です。
自分で考え支援することで、利用者さまの可能性が広がり、これまで見たことのないような表情や笑顔に触れ、「ありがとう」と言っていただいた時には、充実感や達成感に満たされ「この仕事をしていて良かった」とやりがいを感じます。

WHY
なぜやるのか

全ての人が障がいの有無や程度を問わず、生き生きと暮らすことのできる、心豊かな共生社会をめざすことを目標にしています。利用者さまのこれまでの人生や経験されてきたことを大切にし、その方がその方らしく人生を送られるよう、利用者さま、ご家族、また地域の皆さまと信頼関係を築き、専門的な知識や確かな技術を用いて、福祉のプロとしての誇りを持って働いています。
ですが、難しく考えることはありません。決して一人で行う仕事ではなく、チームで協力しながら行います。職員一人ひとりの視点で利用者さまのことを見て、時には自分の趣味や特技を生かして支援のアプローチを考え、意見交換・情報共有を図りながら、利用者さまにとって「一番望ましい支援は何か?」を想像し、創造していく。その積み重ねが豊かな生活を送ることにつながり、そこから得た経験や技術を、地域の皆さまへ積極的に発信することが、私たちの役割だと考えています。

HOW
どうやってやっているのか

「人の役に立つ仕事がしたい」、「社会に貢献する仕事がしたい」、「人と関わることが好きだ」と福祉の仕事を目指すきっかけは様々です。福祉を学んで入職した職員、他学部からの入職、他業種から転職し入職した職員もおります。
入職後は6ヶ月は先輩職員がマンツーマンでOJTを行う「新任職員指導員制度」があることや、採用時研修では社会人としてのマナーやコミュニケーションスキル等のトレーニングを行い、2年目以降は中堅職員研修、役職者になれば主任研修等があります。また、介護技術研修や人権擁護、接遇研修等充実した研修制度により、専門性を磨くこともできます。
また、職員有志の活動で野球、フットサル、バレーボール等のサークル活動があり、それぞれ月に1回程度、施設関係なく声をかけあい、スポーツで汗を流しリフレッシュしています。

POINT1
いろんな事業を展開

様々な福祉のアプローチを広くも、専門的にも学べます。

障がい児・者、高齢者、生活困窮等、複数の分野の施設があり、人事異動で様々な利用者様へのアプローチを経験することができます。また、障がい関係施設は3施設、高齢者施設は2つのフロアで構成されており、一つは一般的な特別養護老人ホーム。もう一つは認知症の方が入所されているホームです。それぞれの施設を経験することで、専門的にもスキルを高めることができます。また、支援員から事務員・相談員等職種を変えながら、様々な視点から福祉に携わることができ、さらにリーダー・管理職、施設長の登用等、多様な働き方も可能です。

POINT2
福利厚生が充実

奨学金の返還も就職準備も大丈夫!年間休日120日以上!

☆奨学金返還助成金制度・・・奨学金の返還で悩むことはありません。入職後5年間は奨学金返還助成金を支給します。
☆就職準備金の補助制度・・・遠方より就職するために、新たに借家等を借り上げる場合は、転居及び入居費用の一部(2/3)を補助します。
☆しっかり休め、プライベートも充実・・土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)の約120日相当数は必ず休めるようにローテーションにて勤務を組みます。さらに平成30年度は別途夏季休養5日付与されました。他にも年次有給休暇初年度20日付与(最高42日まで)。

POINT3
離職率が低い

若手から30年以上のベテランまで。バランス良く配属!

「働きやすい職場づくり」をモットーにしており、自己都合による退職は非常に少なくなっています。60歳の定年まで働く職員や、定年後も再雇用制度により継続して働かれる職員も多くいます。3年間の離職率は、正規職員(支援員のみ)平均238人中、自己都合による退職者は12人(離職率5.0%)でベテランから若手までバランスよく在職しています。ベテラン職員からは支援方法等の様々なアドバイスが聞け、疑問や不安はすぐに解消できます。20代の職員も多く気軽に話せる環境で、休日を合わせ毎年一緒に旅行をする職員もいます。

2016年入社
小さなきっかけが、自分の大きな成長に
川端 倫瑠
社会福祉法人阪神福祉事業団
四天王寺大学人文社会学部 卒
詳細を見る
2017年入社
「ありがとう」が仕事のやりがいです。
荒木 美帆
社会福祉法人阪神福祉事業団
大阪人間科学大学人間科学部 社会福祉学科 卒
詳細を見る
2017年入社
生き生きと暮らせるように支援する仕事
吉田 結有帆
社会福祉法人阪神福祉事業団
福山市立大学教育学部 卒
詳細を見る

採用情報

  • 募集職種/業務内容 支援員
    勤務する可能性のある場所 兵庫県西宮市山口町または、西宮市田近野町、宝塚市東洋町
    採用予定人数 15名
    担当者/連絡先

    藤原 慎二
    TEL:078-903-1661
    MAIL: soumu@nanakusa.or.jp

    佐藤 大輔

法人情報

  • 法人名 社会福祉法人阪神福祉事業団
    法人住所 〒651-1412
    兵庫県西宮市山口町下山口1650番地26
    事業内容 福祉型障害児入所施設、障害者支援施設、特別養護老人ホーム、救護施設、デイサービス、コミュニティカフェ
    Webサイト/SNS

    公式Webサイト

    採用サイト

    Instagram

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報

社会福祉法人阪神福祉事業団

OFFICIAL SITE

ブックマークする

エントリー

pagetop