あなたのアイディア力を存分に発揮してみませんか。

NPO法人ソーシャルデベロップメントジャパン

あなたのアイディア力を存分に発揮してみませんか。

NPO法人ソーシャルデベロップメントジャパン

重症心身障がい児とその家族を支援することを目的に施設「FLAP-YARD」を運営しています。FLAP-YARDでは0~18歳までのお子様を対象とした通所事業、相談支援事業、居宅介護事業を実施。

  • 障害 児童・保育

東京都

2019卒

トピックス

事業概要について

開所日:毎週月~土曜日(日祝休)
児童発達支援事業:定員5名、活動時間9:00~16:00、放課後等デイサービス:定員5名、活動時間14:00~18:00、相談室とまりぎ:定員等なし、訪問室JUMP:定員等なし

この法人に興味を持ったら!

エントリー

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報
WHAT
なにをやっているか

WHY
なぜやるのか

HOW
どうやってやっているのか

POINT1
きれいな施設・設備

重症心身障がい児支援施設「FLAP-YARD」

NPO法人ソーシャルデベロップメントジャパンが運営するFLAP-YARDは、東京都足立区扇の住宅街にあります。平成28年11月に完成したばかりの施設です。

POINT2
地域連携、街づくり

事業目標は「開かれた施設作り」

重い障がいがあっても、子どもは地域で育てる。近隣の児童施設とも交流関係を密にして、施設内に留まらない発達環境を作っています。活動部屋を地域の待機児童を抱える家庭に遊び場所として開放したり、保育園児が遊びに来たり、子どもたちの存在や生活に医療機器が必要なことも理解が広まっています。

POINT3
多職種・異業種連携

福祉、医療、リハビリが目的を一つにして支援を実践しています

重症心身障がい児への支援には、介護、保育といった福祉職以外に、看護医療やリハビリテーションの専門家の存在が欠かせません。発達領域を、遊びの視点だけではなく、呼吸や体内環境、運動・認知機能からも評価。個別支援に盛り込むことで、適切な関わりを各職種統一して実施します。職種間では風通しも良く、施設内での勉強会も互いに開催しています。

採用情報

  • 募集職種/業務内容 福祉職
    勤務する可能性のある場所 東京都足立区扇1-44-15 【療育室つばさ】 ・児童福祉法に基づく児童発達支援事業(0~6歳) ・児童福祉法に基づく放課後等デイサービス(7~18歳) 【相談室とまりぎ】 ・児童福祉法に基づく障がい児相談支援事業(0~18歳) 【訪問室JUMP】 ・障害者総合支援法に基づく居宅介護事業(0~18歳)
    採用予定人数 2名
    担当者/連絡先

    長山絵理子
    MAIL: nagayama@flap-yard.com

法人情報

  • 法人名 NPO法人ソーシャルデベロップメントジャパン
    法人住所 〒123-0873
    東京都足立区扇1-44-15FLAP-YARD
    事業内容 0~18歳までの重症心身障がい児への通所支援事業、及び相談支援事業、訪問介護を運営。
    1日定員5名、完全個別対応。小規模ならではのフットワークを活かして、積極的な外出や地域交流がウリです。
    Webサイト/SNS

    公式Webサイト

    採用サイト

    Twitter

    Facebook

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報

NPO法人ソーシャルデベロップメントジャパン

OFFICIAL SITE

ブックマークする

エントリー

pagetop