社会福祉法人ひまわり

「地域でともに生きる」

社会福祉法人ひまわり

「地域でともに生きる」

  • 高齢 障害 児童・保育

奈良県

2020卒

1992年、地元三宅小学校の中に、先生たちによって作られた小さな作業所としてスタートしました。現在は、磯城郡に通所事業所3ヶ所と吉野郡に1ヶ所、グループホーム9ヶ所、三宅町から委託を受けて運営する相談支援事業や学童保育を実施し、高齢者支援事業として小規模多機能型の運営を行っています。子どもからお年寄りまで、ライフステージが変わっても、地域で共に生き、互いに支えあえる関係づくり支援を目指しています。

  • 高齢 障害 児童・保育

奈良県

2020卒

トピックス

ピープルファースト大会in奈良

「障害者である前に一人の人間です」という理念のもとに活動している知的障害者が集まり、毎年一回全国大会を開催しています。昨年12月に奈良で大会が行われ、900名の方が参加されました。

この法人に興味を持ったら!

エントリー

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報
WHAT
なにをやっているか

法人の拠点は奈良県磯城郡三宅町(奈良県中部)に位置しています。
人口7000人ほどの全国で2番目に面積が小さい町です。その三宅町で、「地域でともに生きる」の理念のもと、障害福祉事業を中心に、子どもから高齢者までの支援事業を行い、福祉の町づくりの実現に向けて活動しています。
利用者、スタッフの垣根を越えて、「自分のやりたいこと」を実現するために取り組んでいます。

WHY
なぜやるのか

「地域づくり」とは、誰かのせいにするのではなく、「自分たちの手で創造するもの」です。障害福祉事業はその一環です。社会の中で、その存在を小さくされている人の側に立ち、「社会の中での位置と役割」を創造できるよう活動しています。

HOW
どうやってやっているのか

ピープルファーストとは、アメリカのオレゴン州から始まった活動です。ある知的障害者が「私は障害者である前に一人の人間です。」という発言をしたことで、その理念と活動が世界に広まりました。日本でも、毎年一回、障害のある当事者が集まり、ピープルファーストの全国大会を開催しています。昨年12月には奈良で大会が行われ、ひまわりの家の当事者メンバーは、全国大会実行委員会の中心メンバーとして、大会の準備、運営を行いました。スタッフも運営サポートとして尽力し大会は無事に成功しました。

POINT1
ユニークな取り組み(制度外・自主事業)

異国間交流

韓国の障害者支援団体との交流を盛んに実施しています。毎年、日本と韓国でそれぞれ実施している障害当事者が交流する全国大会に参加しています。昨年は、韓国の大会に当事者4名とスタッフが参加し、日本で開催された大会には、韓国から当事者、支援者合わせて16名が参加されました。施設や地域の見学・視察も含め、交流を深めています。

POINT2
ユニークな取り組み(制度外・自主事業)

若者支援

不登校・引きこもりの若者支援を行っている方々とともに、研修会などを企画、運営しています。中間支援としての就労支援にも協力し、若者の職場体験・実習なども積極的に受け入れを行っています。
また、その活動を通じて、奈良県内でもフリースクールが開設される予定です。

POINT3
いろんな事業を展開

地元企業とのコラボ企画

奈良県内にある酒造メーカー、「梅乃宿酒造株式会社」さんとの共同企画を行っています。障害者就労支援事業の一環で行っている「紙すき事業」と、「梅乃宿酒造」さんとのコラボ企画でお酒のラベルづくりを行っています。ひまわりの家メンバーが作った手漉きのラベルを使った限定酒を、奈良県内の道の駅などで販売されています。

採用情報

  • 募集職種/業務内容 生活支援員
    勤務する可能性のある場所 奈良県磯城郡三宅町
    採用予定人数 3名
    担当者/連絡先

    喜多学志
    TEL:0745-42-2919
    MAIL: himawarinoie@maia.eonet.ne.jp

法人情報

  • 法人名 社会福祉法人ひまわり
    法人住所 〒6360213
    奈良県磯城郡三宅町伴堂850
    事業内容 地元三宅町を中心に、主に障害福祉サービス事業を展開しています。通所系事業4ヶ所、グループホームが9ヶ所、三宅町から委託を受けた相談支援事業・学童保育事業、高齢者支援(小規模多機能型事業所)を運営しています。
    Webサイト/SNS

    公式Webサイト

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報

pagetop