社会福祉法人いこま福祉会

想いを紡いで共に生きる

社会福祉法人いこま福祉会

想いを紡いで共に生きる

  • 障害

奈良県

2020卒

地域とつながり、活き活きとあるために、「働く」「暮らす」「楽しむ」をキーワードに生駒市内に農作業、製菓業、織物、紙すきなどの生産活動を行う事業所が4ヶ所、グループホームと福祉ホームが計4軒あり、そこで行う様々な活動を通じて、利用者が安心して生活することができる地域社会の実現を目指しています。
また、JICAの草の根基金への取組みや地域生活支援拠点事業、地域との繋がりとして、市民自治協議会へ参画し、地域防災訓練やイベントの協力、近隣大学と連携したイベント企画等を行っています。

  • 障害

奈良県

2020卒

トピックス

3月19日に出展します!

3月19日の大阪に出展しますので、是非、ブースに寄ってくださいね。

この法人に興味を持ったら!

エントリー

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報
WHAT
なにをやっているか

・日中活動では、農地を約6反借りて農業法人と委託契約を結び、農業の生産管理や作業の構築を農業法人と連携して行う新たな農福連携の取組みを始めている。
・市町村からの委託を受け、地域生活支援拠点事業のモデル事業を平成30年1月から開始し、緊急時の対応や暮らしの体験の面的な拠点事業を行う。また、4月からは更に通常の相談支援とは区分けした相談支援機能を追加して行っている。
・JICAの草の根技術協力型の申請手続きを行い、「セルビアベオグラード市コミュニティレベルにおける知的障害者の自立を支援する事業」を進めている。申請許可がおりれば、平成31年・32年に実施する。
・地域との繋がりとして、市民自治協議会「やまびこネットワーク」にも参画し、地域防災訓練やイベント協力、地域住民参加型のまつりの企画運営、近隣大学と連携したイベント企画等を行っている。

WHY
なぜやるのか

・「働く」「暮らす」「楽しむ」をキーワードに総合的なサービスを提供することで、利用者が安心して生活することができる地域社会の実現を目指している。
・「働く」ひとつの手段として、農業に取り組んでいる。施設では製菓、さをり織、紙すき、軽作業など様々な活動も実施しているが、利用者には行動障害の方もおり、農業を通じて、大きな空間で陽の光を浴びながらのびのびと活動することで、利用者も活き活きとした活動に繋がっている。
・「暮らす」こととして、GHを含めた4カ所と福祉ホームを1カ所運営しており、親亡き後の生活を安心して暮らしていけるよう、今後もGHの展開に力を入れていく。また、「楽しむ」として、利用者のニーズに即した余暇活動はもちろん、利用者がゆったりとくつろぐことができる空間として古民家を改修した「和家(なごみや)」を開設している。

HOW
どうやってやっているのか

・職場の風土は、一言で言えば「良い人が集う」職場です。職員も常に利用者の事を考えた支援に取り組んでいます。時には壁に当たり、悩むこともありますが、それを一緒に考えてくれる上司や同僚がいる、そんな職場です。
・日中活動の部署は、基本は月曜日から金曜日の出勤で土日祝が休みです。ただし、出店や利用者の余暇プログラムで土日に出勤する場合もあり、その時は振替休日を充てています。グループホームなど暮らしを支援する部署は、24時間365日の支援をシフト制で働いています。
・働きやすい環境作りも、職員の意見を聞きながら取り組んでおり、数年前には、支援員の事務作業の効率化のため、正規職員全員分のPCを整備したり、社内ネットワークを改善、新たな支援ソフトを導入する等の改善も図っています。また、研修制度も整備しており、職場内研修、職場外研修、自己啓発援助制度を通じて、「人間力」「技術力」「実務力」を育成します。

POINT1
いろんな事業を展開

「働く」「暮らす」「憩う」「支えあう」

「働く」「暮らす」「憩う」「支えあう」という生活の中で当たり前のことを、当たり前にできるよう、様々な事業を展開しています。特に日中活動で行っている農業では、農業法人と連携した新しい農福連携の取組みで、生駒市内に4ヶ所の畑を借りて、広大な土地でたくさんの野菜を育てています。他にも古民家をリノベーションして開所した「和家~なごみや~」では多目的な空間で、ホームを利用する人や日中一時支援でゆったりと利用しています。

POINT2
新しい事へのチャレンジを応援

研修も充実!新しい事へのチャレンジも応援します!

年に数回は、外部の講師を招いた研修会を実施。人間力/技術力/実務力を養うことができるよう人材育成を考えた福祉分野にとどまらない研修を行っています。また、自己啓発援助制度もあり、平成30年度は、制度を利用してアメリカに1ヶ月の海外研修に行く職員も。福祉にとどまらず職員のチャレンジを応援します。

採用情報

  • 募集職種/業務内容 生活支援員
    勤務する可能性のある場所 全事業所が奈良県生駒市内 ・かざぐるま(生活介護・就労継続支援B型) ・かざぐるまえーる(生活介護) ・きこり(生活介護) ・喫茶ゆうほー(就労継続支援B型) ・工房結(就労継続支援B型) ・ラベンダー(共同生活援助) ・おかりなの家(福祉ホーム) ・デイケアセンターかざぐるま(居宅介護、行動援護等) ・生活支援センターかざぐるま(相談支援)
    採用予定人数 3名
    担当者/連絡先

    面松 大介
    TEL:0743-77-9900
    MAIL: d.menmatsu@ikoma-fukushi.net

    大谷 健太郎
    TEL:0743-75-1460
    MAIL: k.oya@ikoma-fukushi.net

法人情報

  • 法人名 社会福祉法人いこま福祉会
    法人住所 〒630-0222
    奈良県生駒市壱分町356番地2
    事業内容 社会福祉法人いこま福祉会は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成され、又その有する能力に応じ自立した日常生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として事業を行っています。
    Webサイト/SNS

    公式Webサイト

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報

pagetop