接点ある人すべての幸せの好循環を作る発進拠点!

社会福祉法人豊寿会

接点ある人すべての幸せの好循環を作る発進拠点!

社会福祉法人豊寿会

当法人は平成8年岐阜市にて特養を始めとしたサンライフ彦坂(高齢)、平成18年羽島市内にてあいそら羽島(障がい・入所、就労B等)、平成19年岐阜市内にて母子生活支援施設きーとす岐阜の高齢、障がい、児童の3分野、3拠点の事業を展開する法人です。
職員数は約160名で(男女比3:7)平均年齢は約40歳で、年齢層は20歳前後から70歳過ぎまで幅広く、働くスタイルはフルタイムから短時間まで様々です。最近では、産休取得者や時短勤務での復帰が目立ち、子育てをしながら仕事も頑張る職員が多いのが特徴と言えます。

  • 高齢 児童・保育

岐阜県

2021卒
しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報
WHAT
なにをやっているか

平成8年に岐阜市内に特別養護老人ホームサンライフ彦坂、法人設立10周年となった平成18年に羽島市内に障がい者支援施設あいそら羽島、就労支援事業所グッドジョブ羽島、そして平成19年に母子生活支援施設、平成29年には歯科室あおはをそれぞれ開設しました。 主に高齢、障がい、児童の主に3分野、3拠点に事業を展開しています。「誠実と笑顔で社会」を理念に、利用者さん、職員を始め、関わりのある方すべてに「幸福(しあわせ)」の好循環を作り出す発信拠点となることをめざし各拠点で日々の支援に努めてます。
働く職員の立場からは人として、社会人としての成長が感じられる職場環境でありたい。もしかしたら家族よりも長い時間を過ごしているかも知れない職場で共にする仲間は家族の延長線上にいる人と捉えることもできます。そんな長い時間を過ごす場所で「職」を通じ「育む」=「職育」がライフステージに感じられる職場をめざしています。

WHY
なぜやるのか

利用される方、地域の方々に安心して心豊かに過ごせる場所の提供をすることで「ここがあってよかった」と思っていただけること、職員に「ここで働けてよかった」と感じてもらえることが経営理念の『誠実と笑顔で社会に貢献』であり、笑顔あふれる社会へつながると考えています。
利用者さんの状況は刻々と変化をしていきますが、いつ何時も変わらない対応が待っているという安心感、「普遍性と継続性」を担保することは安心の源です。サービスを利用される方とは入所、在宅を問わず長期的なお付き合いになることがほとんどで、サービスの提供をもって利用される方、そのご家族の生活の隙間を埋めるお手伝いをさせていただいています。
こうした活動を通じ、サービスを利用される皆様はもちろんのこと、職員も含め、法人に関わる方すべて人が「幸福(しあわせ)」になったらとても素敵なことではないでしょうか。とてもやり甲斐のある仕事だと思っています。

HOW
どうやってやっているのか

社会人にとって、「専門性」はもちろんですが「社会性」を備えること、その両立が大切と考えています。入職して約3ヶ月間は研修の他、先輩職員とマンツーマンで技術的指導と平行して礼儀礼節、報連相、連携の仕方などの指導を受けながらじっくり職務内容の習得を目指していきます。また、半年に一度の上司との面談での意見交換の機会があり、成果の確認とさらなる目標設定をしていきます。
長い目で見ると、どのライフステージにあっても安心して長く働けることが大切と考えています。産休の取得や時短勤務など子育てを始め、個々の環境や世代に合う仕事内容や勤務形態に柔軟に対応しています。休みは年間約120日で(月平均10日)、残業は月平均5時間未満と少なく、2年目以降は職員旅行もあります。充実した退職金制度などの福利厚生は当法人の自慢のひとつです。
また、近年、負担のない介護実現に向け福祉機器の充実に努めています。

POINT1
多職種・異業種連携

何よりまずしっかりお一人おひとりの利用者さんと向き合うこと!

福祉の仕事は一人ではなし得ません。介護職や医療職、相談職、栄養士、セラピスト等が複合的に協働連帯して展開します。それぞれの専門家がそれぞれの視点で必要と感じることをすべてテーブルの上で出し合い、互いの視点、考え方を受け止め合いながらおひとりおひとりにとってこれが最優先かつベストをというプラン絞り出す。これこそが施設の専門性そのものと考えています。こうした福祉職としての考え方、思考回路を研修や日々の業務、カンファレンスを通じて早い段階から身につけてもらうような環境を用意しています。

POINT2
ワークライフバランス

職員ひとりひとりの今一時の時間を充実したものにして欲しい!

ワークライフバランスは一言で言えば家庭と仕事の両立です。しかし、それだけの意味に限定してはいけないと考えています。20代、30代・・・とライフステージは家庭を持つなどして変化していきますが、それぞれのステージにおいて大切にするものも平行して変化していきます。どの段階にあってもその一瞬一瞬は帰ってきません。その一時を大切にして欲しいというのが当法人の考えです。平均的な月の時間外労働は5時間未満です。生活のベースである家庭の様々なステージを応援、伴走する法人でありたいと考えています。

POINT3
積極的にICT・介護ロボットを活用

記録ソフト、介護用リフト、その他ICT充実してます!

変則勤務で働く福祉施設では情報の共有を図ることがいつも課題になります。当法人では15年以上前からグループウェアを導入して職員ひとりひとりにアカウントを提供し、個人専用の画面でメールの発信やスケジュール管理、法人への各種申請が紙ではなく各端末から出来るようになっています。記録もすべてソフトにより管理しており、一部はタブレット端末によって入力し省力化に努めています。
浴室やトイレなどの共用部には介護用のリフトが導入され年齢を問わず安心して働ける環境が用意されています。

採用情報

  • 募集職種/業務内容 介護職員
    勤務する可能性のある場所 【岐阜県】岐阜市、羽島市
    採用予定人数 6名
    担当者/連絡先

    棚橋 麻由
    TEL:058-238-8800
    MAIL: tanahashi@huojyukai.jp

    長谷部 貴生
    TEL:058-238-8800
    MAIL: hasebe@houjyukai.jp

法人情報

  • 法人名 社会福祉法人豊寿会
    法人住所 〒501-1103
    岐阜県岐阜市彦坂川北230番地
    事業内容 平成8年より岐阜市に特別養護老人ホーム、デイサービスを始めとした高齢者総合福祉施設サンライフ彦坂を、平成18年より羽島市に障がい者総合福祉施設(入所52、通所20)あいそら羽島、就労継続支援B型事業グッドジョブ羽島を、その他平成19年より母子生活支援施設きーとす岐阜等の運営しております。
    Webサイト/SNS

    公式Webサイト

    採用サイト

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報

pagetop