ジブンの可能性にきっと気づく!~「想い」をカタチに~

社会福祉法人ロザリオの聖母会

ジブンの可能性にきっと気づく!~「想い」をカタチに~

社会福祉法人ロザリオの聖母会

障がいのある方の「すべてのライフステージ」(年齢段階)に応じた22の施設・事業所が緊密に連携し、地域の中でジブンらしく生きることをサポートしています。施設で支えるシゴト、地域で支えるシゴト、「はたらく」「いきる」を支えるシゴト、地域を創っていくシゴト、話を聴きながら一緒に課題解決するシゴト、数え上げたら切りがないほどたくさんのシゴトがあります。あなたはどの「シゴト」で人を笑顔にしますか?その時代時代の「光のあたりにくい人々」の「まなざしの訴え」に応えてつづけることを大切に70年歩み続けています。

  • 高齢 障害 児童・保育 若者支援 医療 その他

千葉県

2021卒
しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報
WHAT
なにをやっているか

ロザリオの聖母会は、結核患者の転地療養所を前身に、1952年の法人設立以来「光の当たりにくい人々とともに歩む」という理念のもと着実に歩みを続けてきました。法人の拠点を旭市に構えるとともに隣接の香取市も含めて、身体・知的・精神・発達・重症心身障害児者や高齢者など、様々な障がい、すべてのライフステージに対応した22の施設・事業所を展開しています。これらの施設・事業所が連携し、法人一体となって地域の方々に「切れ目のない支援」を心がけています。地域支援の一環としてすべてのライフステージに対応した相談事業と千葉県単独事業である中核地域生活支援センターを設置しています。障害のある方や高齢の方への相談援助はもちろん何らかの生きにくさを感じている方々への支援を行っています。

WHY
なぜやるのか

「私達にとって大切なことは、助けを求めている人のまなざしの訴えを無視することなく手をさしのべ、相談にのり協力できる環境を充実させることに力を尽くさねばなりません。」
当会の設立発起人であり、3代目理事長が当会の広報誌に記された言葉です。これまで歩んできた軌跡を感じ、「助けを求めている人のまなざしの訴え」に応える仕事をして、誰もが住み慣れた地域で、その人らしく活動し、働き、暮らして行ける社会を作りたいと願っています。福祉という言葉は、人の「しあわせ」を意味するそうです。私達にとっての「しあわせ」は支え合うことから生まれる「支合わせ」だと考えています。この「支合わせ」を実感できる社会をつくることが私達のビジョンです。

HOW
どうやってやっているのか

ロザリオの職員は、利用者を第一に考え実践することが一人ひとりの職員の胸に刻み込まれています。法人の根底にはキリスト教精神が流れており、他者のために尽くす「愛」の精神に満ちあふれています。22の施設事業所はそれぞれが独立しており、その事業の特性や利用者の状況によって、自由度の高い運営をしています。年齢や性別はもとより、経験値や資格の有無など、全く関係なく自由闊達に議論し実践する基盤が出来上がっています。野球部やバレーボール部を始めとする部活動が盛んで、配属先や年齢などに関係なく職員の交流が盛んです。また、年1回の職員夏祭りやバレーボール大会など、職員同士が家族ぐるみで楽しめるイベントが盛り沢山です。

POINT1
地域連携、街づくり

コミュニティースペースMado-Kaの活動が注目されています

◆Mado-kaプロジェクト
平成27年から「福祉のまちMado-kaプロジェクト」として、「住民参加型のまちづくり」「1億総活躍社会の実現」「地域共生型社会の実現」など示された。また、人口減少と超少子高齢社会を見据えた時代背景に合致し、多様な地域生活課題に向き合う事業となっている。そして子どもから高齢者、障害者に至るまで、住民にとって住みやすい街づくり、魅力ある地域づくり、住民を中心とした福祉を推進、実践する場となっている。
・地域交流拠点機能
・市街地における休憩スペース
・相談支援機能

POINT2
業務以外での課外活動が盛ん

野球を通じた地域貢献~長島茂雄旗争奪野球大会の実践~

巨人軍長嶋茂雄氏から社会福祉振興のために優勝旗が贈られたことを契機に、本会では施設職員の慰労、激励と地域青年との交流を目的としてこの大会を主催しており、今年度は第25回を数え十数年ぶりに3位入賞を果たした。3位入賞を祝して理事長より野球部に激励賞が送られた。この他にもバレーボール部、山岳部、陸上部、バスケットボール部等が積極的に活動しています。また、年に1回施設対抗の職員バレーボール大会や職員ならびに職員家族を対象とした夏祭りを行い、職員の交流を図っています。

POINT3
いろんな事業を展開

障がいのある方のすべてのライフステージに対応した22施設があります

障がいのある方の「すべてのライフステージ」(年齢段階)に応じた22の施設・事業所が緊密に連携し、地域の中でジブンらしく生きることをサポートしています。施設で支えるシゴト、地域で支えるシゴト、「はたらく」「いきる」を支えるシゴト、地域を創っていくシゴト、話を聴きながら一緒に課題解決するシゴト、数え上げたら切りがないほどたくさんのシゴトがあります。あなたはどの「シゴト」で人を笑顔にしますか?その時代時代の「光のあたりにくい人々」の「まなざしの訴え」に応えてつづけることを大切に70年歩み続けています。

採用情報

  • 募集職種/業務内容 支援員・看護師・事務員
    勤務する可能性のある場所 千葉県旭市、香取市
    採用予定人数 15名
    担当者/連絡先

    法人本部事務長:杉田 明
    TEL:0479-60-0600
    MAIL: a-sugita@rosario.jp

    法人本部係長:熱田惠美
    TEL:0479-60-0600
    MAIL: m-atsuta@rosario.jp

法人情報

  • 法人名 社会福祉法人ロザリオの聖母会
    法人住所 〒289-2513
    千葉県旭市野中4017
    事業内容 医療保護施設、医療型障害児入所施設、療養介護、障害者支援施設、障害者グループホーム、生活介護、就労移行支援、就労継続支援B型、就労定着支援、短期入所、放課後等デイサービス、児童発達支援、児童発達支援センター、日中一時支援、地域密着型通所介護、訪問看護・介護、居宅介護支援、相談支援各種
    Webサイト/SNS

    公式Webサイト

    採用サイト

しごと概要
特徴
先輩職員
紹介
イベント
情報
採用・
法人情報

社会福祉法人ロザリオの聖母会

OFFICIAL SITE

ブックマークする

エントリー

pagetop