社会福祉法人くらしのハーモニー

福祉サービスをDIYする。社会福祉法人くらしのハーモニー

高齢になっても住み慣れた地域でいつまでも暮らしたい。そんなニーズに応えるべく、京都府宇治市、京都市伏見区で介護サービスを展開する「社会福祉法人くらしのハーモニー」。福祉サービスがまだまだ整っていなかった時代から、高齢者のための住宅やデイサービスなどを自らの手で作ってきました。ここにあるのは「必要なものは自分たちで作る」そんなDIY精神です。

2017.03.01掲載

  • 募集中
  • 近畿
  • 2018卒エントリー
  • 高齢者

社会福祉法人くらしのハーモニー

OFFICIAL SITE

2018卒エントリー

ここに注目!

①離職率9%。平均在職年数7.4年。入職5年以上の人は62%。

みんなが目標を持って、「自分は何のためにここにいるのか」ということを少しでも実感できるようにしていくことが大事だと考えます。そのためにキャリアパス制度と目標管理制度を導入しました。それぞれの役割を明確しに、それに対してできていること・できていないことを確認しながら、一人一人の成長のための計画を作っています。このような取り組みの結果、介護業界では離職率が全国平均16%と言われている中、くらしのハーモニーの離職率は9%、平均在職年数は7.4年。入職から5年以上の人は62%となっています。

②制服はナシ。役職で呼ぶのもナシ。

この職場には制服はありません。「どうしても、職員は何か『してやってる』みたいなね。そういう姿勢が出てしまうんじゃないかと思って」と理事長の長田さん。ご利用される方も対等なのだから、言いたいことを遠慮なく言って欲しい。そんな雰囲気をつくるため制服はナシにしました。ちなみに職員同士が役職で呼び合うのもナシ。みんな名前で呼び合います。これは「だいたい僕がそういうの嫌いだから。誰もここでは理事長って呼びません」と長田さん。

経営者からのメッセージ

自分たちで必要なサービスを作ろう。

理事長の長田さんは、「生活の場は地域、というのが人間のふつうの姿だと思う」と言います。なぜそのような考えに至ったのでしょうか。

「昔、医療機関にいたんですね。そこにいた時に、もうそこで死ぬために入っている人が大分いましたよね。自宅に戻れるんじゃない?と思っても家族が受け入れられなかったりして」

およそ30年前のことですが、当時は介護が必要になった人やその家族を支える福祉サービスは何もありませんでした。長田さんたちは「それなら自分たちで必要なサービスを作ろう」と生活協同組合方式の組織を立ち上げます。高齢者も障害者も一緒に住めるコーポラティブハウス(共同住宅)をつくったり、訪問介護サービスをつくったり。

「当時はそういうのを面白いと思ってやっていたんです」

面白がるということが福祉には必要だという長田さん。その前向きさが、まだ制度になかったサービスを生み出してきました。
1994年にデイサービスを開始するにあたって法人化が必要となり、「社会福祉法人くらしのハーモニー」が誕生しました。

高齢者住宅の次はコミュニティバス?!

今後のビジョンについてもお伺いしました。
「地域で安心して生活できるようなサービスづくり、地域づくりを目指す」という長田さん。2017年2月に、宇治市にてサービス付高齢者住宅が竣工しました。自分の家では段差があって住みにくい。介護によるご家族への負担が大きい。そんな場合でも、必要なことはサービスを受けながら「住み慣れた地域の中で暮らせるように」と取り組んでいます。

また、それとは別に、宇治市の木幡御蔵山学区にコミュニティバスを走らせる計画もあります。
「坂道の多いところなんですけどね。バスの本数も少なくて、買い物や通院がなかなか大変なので、皆で少しずつ力を出し合って実現できたらいいなと思っています」

安心して暮らしていくために必要なのは介護だけとは限りません。それが既存の福祉サービスにないものであれば自分たちで作ることもあります。
「福祉というのは生活ですから。生活をみんなで作っているということだと思ってますけどね。特別なことをしているわけじゃないんですよ」

職場案内

「ハーモニーこが」では在宅復帰を支援。

くらしのハーモニーが運営する施設の一つ、「介護老人保健施設ハーモニーこが」は2000年11月にオープンしました。ご利用者が自立した日常生活を送れるよう、その状態や能力に合わせて、看護や介護、リハビリや食事等のサービスを総合的に提供しています。

「この施設では6割くらいの人が3~4ヶ月で退所して自宅に戻られています」と長田さん。在宅に戻り、機能が落ちてきた時は再度訓練をする、そんなやり方を取り入れているそうです。

先輩社員の岩崎さんにも話を伺いました。
「私は在宅に戻るための支援をメインにしています。ご利用者ひとりひとりのプランに沿って、在宅に復帰するためには何をすべきか。介護部だけではなく、看護師やドクター、理学療法士、相談員と必ずカンファレンスを行います。そこで方向性が見えたら、こちらからできるサービスをご説明して、ご本人とご家族の了承をいただいてから、在宅復帰へ向けたプログラムを開始します」

ボランティア切符で地域を元気に。

地域の人々からのニーズを受けて、様々な取り組みをしているくらしのハーモニー。その一つが「ボランティア切符」という助け合い活動です。

「例えばペンキ塗りが得意だとかね。もっと言うと、大した技術はないけど、犬の散歩ができますとか、網戸を張り替えできますとかね。いろんな『得意』を登録してもらうんです。それを見て『私はこんなこと手伝って欲しい』という人にも登録してもらって、『じゃあ何曜日に網戸の張り替えしましょう』と事務局で調整する。『定年退職したけどやることがないんや』とか、そういう話を地域で聞いていましたのでね。この活動をやろうということになって、もう10年くらいになりますね」

ボランティアをしてもらった人は、事務局が発行する1枚100円の「切符」をお礼として渡すシステムだそうです。
「今度はもらった切符でペンキ塗りしてもらおうか、とか。地域の中で切符がぐるぐる回るといいわけですよね。それも面白いでしょう?みんなが面白がって、それで地域が少しずつでも元気になってくれる。そういうのを支えるのも我々の仕事なんです」

先輩社員紹介

担当したご利用者さんが在宅に復帰!


先輩社員1 入江 大優
2014年4月入社 大谷大学文学部 仏教学科 日本コース卒
介護老人保健施設ハーモニーこが 介護部

もともと福祉をやるつもりはなかったという入江さんですが、重度の認知症だった祖母が就職活動中に亡くなったことをきっかけに
「もっとおばあちゃんにできることがあったんじゃないかと思って。その分、人の役に立つ仕事をしようと思いました」
と、この業界を目指すようになったそうです。
現在は「介護老人保健施設ハーモニーこが」でご利用者のケアを担当しています。

この仕事のやりがいについて伺ってみました。
「3年目の時に、あるご利用者さんを担当させてもらうようになって、その方が在宅復帰されたことはいちばん嬉しかったです。さらに、続けて担当させてもらった2名の方も在宅に戻られて、今も元気に過ごされています」

また、ご利用者の声も励みになっているといいます。
「ショートステイのご利用者さんに『入江さんがいるから利用しているんだ』と言っていただいたことがあります。そういうのは励みになりますね」

1日のスケジュール
  • 16:30

    出勤出勤後、まずは日中の様子を日勤の職員に確認。その後、ユニットに入って排泄の介助や夕食の準備。

  • 21:00

    夕食~就寝夕食後は就寝介助。なかなか寝付けない方がいれば、横に座って様子を見ます。21時にはほとんどの方が眠りにきます。

  • 22:00

    就寝後就寝後は定期的に巡視をするほか、合間の時間にパソコンを使ってプランの作成や日々の記録を行います。

  • 09:30

    仕事のあと朝食の介助を終えて、日勤の職員に夜間の様子を伝えたら退勤。最近はマラソンにはまっていて、仕事のあとにトレーニングをすることが多いです。

  • 休日

    プラスαジムで走ったり、外に走りに行ったりしています。奈良マラソンや京都マラソンにも出場。べストタイムは3時間50分です。

デイ、認知症ケア、ショート。幅広く学べました。


先輩社員2 岩崎 克大
2012年4月入社
関西福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科卒
介護老人保健施設ハーモニーこが
介護部 ユニットリーダー

5年目の岩崎さんは「介護老人保健施設ハーモニーこが」でユニットリーダーとして働いています。仕事の中心はご利用者が在宅に戻るための支援。それに加えて、ユニットリーダーとして管理業務も行っています。

「勤務表の作成に記録の管理。ユニットのメンバーが仕事で悩んでいたら、相談に乗ったり、アドバイスしたりもしています」

そんな岩崎さんは、入職してからの5年で三つの持ち場を経験。
「最初の2年がデイサービス、その後の2年が認知症ケア、今はショートステイがメインです」
多職種の専門知識が学べたことは、良い経験になったそうです。

これまでの嬉しかったことについても伺いました。
「『自宅に帰りたい』というご利用者さんがいらっしゃったのですが、ご家族はまだ不安をお持ちでした。そこで『1泊はまだ難しいかもしれないので、2~3時間だけ帰ってみませんか?』と提案しました。それならとご家族も快諾。ご利用者さんにも喜んでいただきました」

状況に合わせて、その人らしいケアができた時は、何より嬉しいそうです。

1日のスケジュール
  • 09:00

    出勤出勤後は夜勤の職員からの引き継ぎ。それが終われば、利用者さんへの挨拶。

  • 11:00

    午前体操や歌など、ユニットで朝の活動。ショートステイのご利用者が入ってこられるので、その対応もします。

  • 13:00

    午後昼食後は本格的な体操など、個別のプログラム。ご自宅へ帰られた後の様子を電話で確認。カンファレンスが入ることもあります。

  • 18:00

    仕事のあとライブに行くのが趣味です。どうしても行きたいライブがあるときは、まわりにも協力してもらって参戦します。

  • 休日

    プラスα休みの日はライブに行きます。野外フェスも好きです。京都サンガのサポーターなので、サッカー観戦にもよく行きます。

求める人物像

自分の役割を認識し、全うできる人。

最後に、求める人物像について、長田さんに伺ってみました。
「いくつかイメージがあるのですが、一つは『こういうことをしてみたい』という夢を持っている人。もう一つは学生時代にクラブ活動やサークル活動を経験している人。最後に、人といろんなディスカッションや意見交換ができる人。
最後の一つはサークル活動などを経験されていると、できやすくはなっていると思いますけどね」

面接ではこんなことを聞いてみたいそうです。
「皆さん学生時代にいろいろ取り組んだことがあると思います。それに向かってどういうことをやってきたのか、自分がどんな役割だったのか、それをやってどう思ったのか。自分なりの感想をしっかり持っている人だと『この人欲しいな』と思いますね」

この仕事は一人ではなくチームで進めていく仕事。だからこそ、自分の役割を認識できる、周りとしっかりコミュニケーションが取れる、ということを重視したいそうです。

採用情報

  • 求人情報
  • 法人情報
  • 募集職種/
    業務内容
    福祉総合職
    勤務地 京都府宇治市 京都市伏見区
    勤務時間

    9:00〜18:00
    7:00〜16:00
    12:00〜21:00
    8:30〜17:30
    16:30〜9:30
     その他各事業所に応じたシフト勤務 週40時間労働


    休日休暇 4週8休【月8〜9日の週休と公休】
    夏季休暇3日 冬季休暇4日
    年間休日合計111日
    給与

    ●基本給:160,500円 
    ●現場手当:3,000円(初任者研修修了)
                      〜5,000円(社会福祉士受験【基礎】資格
                                       精神保健福祉士受験【基礎】資格)
    ●資格手当:10,000円(介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士)
    ●夜勤手当:6,000円
    ●住宅手当:賃貸上限23,500円
    ●扶養手当:2,000円〜17,500円 
    ●リーダー手当:4,000円〜5,000円 
    ●主任手当:8,000円〜10,000円 
    ●部門責任者手当:15,000円

    福利厚生 勤続表彰(5年・10年)
    お誕生日プレゼント
    職員懇親会
    サークル活動支援【フットサル、登山部、シネマサークル】
    採用予定人数

    6

    採用フロー

    採用説明会
      ↓
    (職場体験)
      ↓
    応募書類の提出
      ↓
    筆記試験(一般常識・専門知識)
      ↓
    最終選考
      ↓
       内定

     

    担当者/連絡先

    上埜(うえの)
    075-935-7100 
    honbu@kurashino-harmony.or.jp

  • 法人名 社会福祉法人くらしのハーモニー
    法人住所 〒611-0002
    京都府宇治市木幡金草原43番地
    事業内容

    通所介護 通所リハビリ 認知症対応型通所介護
    小規模多機能型居宅介護 認知症対応型共同生活介護
    訪問介護 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
    居宅介護支援 地域包括支援センター
    介護老人保健施設 短期入所療養介護
    地域密着型特定施設 サービス付き高齢者向け住宅
    介護職員初任者研修

    Webサイト

    法人WEBサイト http://www.kurashino-harmony.or.jp/
    採用WEBサイト http://www.kurashino-harmony.or.jp/recruit/
    Facebook      https://www.facebook.com/tomoikimanabisasaeaukurashinoharmony/

2018卒エントリー

pagetop