社会福祉法人永寿荘

職員一人ひとりの成長が、福祉業界の新しい未来を切り拓く風となる!社会福祉法人永寿荘

「地域社会を支える日本一の社会福祉法人になる」それを一番の目標として掲げ、運営している社会福祉法人永寿荘。介護サービスだけでなく、保育・教育まで事業領域を広げ、0歳の赤ちゃんから100歳を超えるお年寄りまで地域に住む様々な方の生活を支えています。また、子どもとお年寄りの日常的な異世代交流や、老人ホームの1Fに併設された、地域の集いの場である「森のカフェ」の運営など、常に前を見て新しいことにどんどん挑戦しているエネルギーに満ちた法人です!職員の活気が溢れ、福祉業界の常識を覆すチャレンジを続けているこの永寿荘で、あなたが「心から誇れる仕事」を探してみませんか?

2017.04.01掲載

  • 募集中
  • 関東
  • 2018卒エントリー
  • 高齢者 児童・保育

社会福祉法人永寿荘

OFFICIAL SITE

2018卒エントリー

ここに注目!

eiju002-2

①チューター制度と研究発表で新人職員の成長を手厚くバックアップ!

新入職員には入社してすぐ研究発表という課題が与えられます。一人ひとりがそれぞれの研究テーマを決め、7ヶ月かけてじっくり研究を行います。研究成果は上司や次に入ってくる後輩たちの前でプレゼンテーション形式で発表し、大きな成長へとつなげています。また、チューターと二人三脚で取り組んでいくので、悩んだときは気軽に相談することができ、絆を深めるきっかけにもなります。こうした取り組みを通して「自分の意見がしっかり持っているようになった」という職員が多くいるそうです。

eiju003-3

② 長く働ける秘訣!5年働くとグアムに、10年働くとハワイに行けちゃいます!

永年勤続海外研修制度があり、丸5年働くとグアム、丸10年働くとなんと!ハワイに行くことができます。同じ年に入社した同期同僚と一緒に海外リゾート地へ行って、たっぷりリフレッシュ!長く働けば働くほど良いことが待っています!共に働く職員を大切にしているからこそ、日頃の感謝をこめて法人からプレゼントです。グアムやハワイを目指して、職員のモチベーションも上がります。

経営者からのメッセージ

『福祉現場のサービスの質はまだまだ変えられる!だからこそ面白い』

eiju004-3
「業界の中ではまだまだ若い法人ですが、福祉+αのサービスを創業当時から信念をもって取り組んできました。何事にもチャレンジする姿勢が最も大事だと考えているんです」と話す経営者である永嶋正史副理事長。
高校、大学、実業団と12年間を続けてきたアメリカンフットボールを通して、様々な特色を持った人たちと一緒に勝利という「一つの目標」に向かって真っすぐに進んで行くことの大切さを学んだという。

民間企業出身だったので、最初は福祉領域に大きなギャップを感じていたという永嶋副理事長ですが、次第にこの領域の面白さを感じるようになったと言います。

「10年前から比べると、だいぶ業界も変わりました」

「データを検証することでより良いサービスが行えると思い、最初はほとんどの施設が手書きで入力していた記録もIT化して、パソコンで入力できるようにしていきました」

「今は昔に比べ施設が選ばれる時代になりましたので、ただ安定志向で対応することがゴールではなく、私は福祉業界の未来を切り開いていくという視点で仕事をしていますね」

「ぜひそんな未来に対して、チャレンジ精神を持った人に来てほしいと思っています」

責任ある「立場」が人を大きく成長させる

eiju005-2「人口減少など若い世代にとっては暗いニュースが飛び交う世の中。でも、介護という領域はこれからどんどんニーズが高まる。だからこそ輝ける可能性って無限にあるんです。今後大きな発展が期待される業種業界で働くって一番成長出来ると思います」そう話してくれたのが人事担当の井島さん。一般学部卒業で介護の知識や経験が全くない中でこの業界に飛び込んだという。

「私も初めは“人と関わる仕事がしたい”と思って介護の仕事を目指しました。そういう想いで入職する新入職員がほとんどだと思います。現場でゆっくりとお年寄りと関わりたいと思っていた人も、早くから責任ある立場を任されることで、だんだんとマネジメント力もついてきて、経営視点をもって仕事に取り組むようになります。実は私も2年目から人事担当を任せてもらっているんです。同年代の周りの友達より何倍も早く成長しているんじゃないかと思います(笑)こうした、若くして責任ある仕事を任せてもらえる風土が職員のモチベーションアップにつながっているんです」

「ご入居者様一人ひとりに狭く深い質の良いケアを提供していくことも、新規事業を生み出すことも簡単なことではありません。だから永寿荘では職員を「人財」として、一人ひとりが福祉のプロフェッショナルとなれるように育成していくことを大切にしています」

職場案内

+αの発想から生まれた異世代交流。お年寄りの「嬉しい」が子どもの「豊かな心」を育みます

eiju006-2今回取材で訪れた特別養護老人ホーム扇の森のすぐ隣にはさいたま市認可のおうぎの森保育園があり、お年寄りと子どもたちの異世代交流が日常的に行われているそうだ。

「お年寄りは子どもたちのことが大好きで、一目見ると目をくしゃくしゃにして優しい笑顔を見せてくれますし、子どもたちも、おじいちゃんおばあちゃんの所へ行くことを楽しみにしています。こうした温かい愛情の絆を実感しながら仕事が出来るのは本当に幸せなことです」

今回の取材時にも、「バイバイ」と小さな子どもたちがお年寄りの方に手を振って帰っていく場面に遭遇した。こうして沢山の触れ合いを大切にしているからこそ安心感のある魅了的な環境づくりが出来ているんだなと感じた。

顔なじみのスタッフで一人一人に寄り添う介護を

eiju007-3永寿荘では「個別ケア」を実践するためにユニットケアを取り入れた。職員一人ひとりがアイディアを出し合い、一から作り上げたことが一番の特徴なのだそう。
従来の老人ホームのような広く浅い関係ではなく、まるで家族のような狭く深い関係を築くことによって、ご入居者様一人ひとりの細かいニーズに応え、「ここで良かった」と思ってもらえるケアを実践することが目標なのだと言う。

「会うたびに職員が変わるよりも、顔なじみの職員に最後までお手伝いしてもらえる方が、ご入居者様も安心します」

職員とお年寄りが笑顔で談笑している風景や、どこにいっても元気に挨拶をしてくださる雰囲気が浸透しており、職員の元気がお年寄りにも伝わっているようだった。

ある先輩職員からは「職員がお年寄りの前でバタバタしていると、お年寄りも不安に思ってしまいますよね。確かに忙しいときもありますが、空いた時間でご入居者様とじっくり関わる機会を設けて信頼関係を築けるよう意識をしています」とのお話を伺うことができた。

先輩社員紹介

明るく元気な雰囲気に惹かれて、入社を決めました

eiju008-3
先輩社員1 植木 聡士
2014年入社 立正大学社会福祉学部卒
今羽の森 山茶花ユニット所属 総合職スタッフ

普段から後輩にも気を配り、積極的に声をかけているという入社3年目の植木さん。

「母親も医療関係者だったので、元々福祉に馴染みがありました。」高校時代の適性試験で社会福祉士が適性と出たときには、「きっと向いているんだろうなあ」と素直に感じ、福祉業界に進むことを決めたのだそう。

「永寿荘に決めたきっかけは、合同説明会で出会った人事担当の方がとても明るく元気に接してくれたことが印象的だったからです」と眩しい笑顔で話をしてくれました。

「元々は相談員になりたくて資格を取得ました。様々な施設を回っていた時に入退所が慌ただしいところよりも、ご入居者様とじっくりと関わることができて、最後まで見届けられるような高齢者施設の方が自分には合っていると感じて入社を決めました。何よりのやりがいは、ご家族に感謝の言葉をいただく瞬間ですね」

1日のスケジュール(早番の場合)
  • 07:00

    出勤出社したら起床介助を行い、朝ごはんの準備をしてお一人お一人に配膳をしていきます。その後、食事介助・配薬介助・排泄介助をご入居者様の生活リズムに合わせて行います。

  • 10:00

    午前ご入居者様が入浴・食休みされている間に、居室の掃除や手すり拭き、リネン交換などを行った後、昼食準備にとりかかります。配膳・食事介助が終わったら休憩に入ります。

  • 13:00

    午後休憩を終えたら昼食の食器片付けや配薬介助・排泄介助・掃除・ごみ捨てなど行い、余った時間でご入居者様と近所にお散歩に出かけたり、おやつを提供したりします。

  • 16:00

    仕事のあと入力・記録・引き継ぎを終えたら退勤。
    帰宅後は、自宅でのんびりと過ごしたり、仲の良い同僚や学生時代の友だちと一緒に飲みに出かけたりします。

  • 休日

    プラスα休日は友だちと一緒に大好きな野球をしたり、ジムに通ったりして、気持ちの良い汗をかいてリフレッシュしています。

一人ひとりのご入居者様に対しての愛情や想いがあるところで働きたかった

eiju009-2先輩社員2 若林 愛
2015年入社 埼玉県立大学保健医療福祉学部卒
扇の森WEST所属 総合職スタッフ

「私が昨年取り組んだ研究発表では、これまでお仕事を頑張ってきたご入居者様を対象に、施設内でお仕事をしてもらうことで生き甲斐を取り戻してもらえるよう働きかけ、その変化を追ってみました」という若林さん。ご家族にも丁寧にヒアリングしてお任せできる仕事を一生懸命考えたそうです。

「昔、力仕事をしていた方には物品運びを手伝ってもらったり、機械に触れていた方には簡単な事務作業を手伝ってもらったりと、半年間一人ひとりに合った役割をお願いしたら、それまでは窓の外をぼーっと見ていただけの方がとってもイキイキしてたんです!」

幼少期は看護師に憧れていたので他の施設で病院実習などもしたそうですが、1日1回挨拶の巡回をするだけの職場に寂しさを感じたり、「一人ひとりに心を動かしていたら、この仕事は務まらないよ」と言われて考えが変わったそう。ご入居者様とお話するときは必ず腰を落として目線を合わせるという優しい心をもつ若林さんにとって、愛情を持って一人ひとりに寄り添える永寿荘はイメージ通りだったようです。

1日のスケジュール(遅番の場合)
  • 13:00

    出勤出社したら申し送り、連絡事項を確認し、その日のご入居者様の様子を把握するところから勤務スタート。

  • 14:00

    午後昼食の食器を洗い、血圧などのバイタル記録をしたのち、入浴介助を行います。入浴中はご入居者様と一対一でじっくりお話しすることができます。終わり次第休憩へ。

  • 18:00

    夕食後休憩後は夕食の準備にとりかかります。配膳・食事介助・配薬介助が一通り終わったら、就寝介助を行います。ご入居者様によって寝る時間が異なるので、他の業務も行いながらタイミングを見て声をかけていきます。

  • 22:00

    就寝後皆様が就寝された後は居室の巡視を行い、ご入居者様に異変がないか確認します。その後、記録と明日の準備を終えたら夜勤者へ申し送りを行い、退勤します。

  • 休日

    プラスα休日は地元の友だちと買い物に出かけたり、ご飯を食べに行ったりして満喫しています。社会人になった今でもとても仲良しなので、たくさんお話しをして気分転換しています。

求める人物像

まず何よりも素直さが一番!!素直な志ある仲間達と日本一を目指したい

eiju010-2永嶋副理事長に求める人物像を伺うと、即答で「元気があって、何事にもチャレンジしてくれる人に来てほしいです。よく社内では《素直》と話をするのですが、どんなことも受け入れてとにかくやってみる素直さがあれば成長していくことができると思っています」とのこと。

「新しいことにチャレンジしていく風土があるので、そうした風土が職員の明るさや元気の良さに繋がっているかなと思います」
人材育成に非常に力を入れていて、未来の福祉のあり方をしっかりと見据え、職員一人ひとりの主体性を育てていく仕組みが作られている永寿荘。

転職者も定着率が高く、職員の皆さんとお話していても「入社してから自分が変わった!」という実感をもつ方が多いのが非常に印象的でした。和気藹々と笑顔で明るく働かれている職員が多く、風通しの良さ抜群で、互いに切磋琢磨していける!そんな環境があるのが最大の魅力だと思います。きっと見学されたらファンになる方も多いのでは!?ぜひ一度、足を運んでみてください。

採用情報

  • 求人情報
  • 法人情報
  • 募集職種/
    業務内容
    総合職・専門職
    初めは介護職として現場を経験していただきます。そこから、ユニットリーダー、生活相談員、リハビリデイサービスインストラクター、人事担当、管理者、経営者等の様々なステージを目指すことができます!介護や福祉の資格や知識がなくても、「地域のために貢献したい!」という意欲のある方は、ぜひ、ご応募ください。無資格・未経験で入社して、なんと4年目で管理者になった先輩もいます!
    勤務地 埼玉県:さいたま市、上尾市
    勤務時間 シフトによる実働8時間
    7:00~16:00、11:30~20:30、13:00~22:00、22:00~翌7:00他
    休日休暇 シフトによる月9日休(2月のみ8日)
    有給休暇計画的付与制度あり
    給与 四大卒:222,000円(基本給+一律手当)
    短大・専門大卒:212,000円(基本給+一律手当)
    福利厚生 有給休暇計画的付与制度(最大で14日連続取得可能)、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、社会保険加入、住宅手当、通勤手当、退職金制度あり(勤続1年以上)、勤続永年海外研修(5年でグアム、10年でハワイ)、会員制リゾートホテル特別利用可能
    採用予定人数 20名
    採用フロー 社内セミナー参加→グループディスカッション→適性検査→現場体験→面接→内々定
    担当者/連絡先 郡司和美・井島盛
     TEL:048-625-5000
     MAIL:saiyo3@oginomori.jp
  • 法人名 社会福祉法人永寿荘
    法人住所 〒331-0071
    埼玉県さいたま市西区高木602
    事業内容 ・在宅介護サービス/デイサービス、ショートステイ、小規模多機能型居宅介護事業所、サービス付き高齢者向け住宅
    ・施設介護サービス/特別養護老人ホーム
    ・ケアマネジメント/介護相談、要介護認定申請の代行、ケアプラン作成、ケアマネジメント
    ・児童福祉サービス/保育所、事業所内保育所
    ・幼児教育サービス/幼稚園
    Webサイト 法人WEBサイト http://eijuso.com/
    採用WEBサイト https://job.mynavi.jp/17/pc/search/corp81420/outline.html
    Facebook https://www.facebook.com/eijuso2004

2018卒エントリー

pagetop