先輩の体験談

<就職活動の方法、時期、就職先の選び方の成功体験談> 「『トリセツで自己アピール!』」

広島大学 教育学 卒
趙 雨濛さん

面接の短い時間内で自分の強みを伝え、相手に理解してもらうことがとても難しいと感じていました。アピールのポイントを絞り、セリフを作って練習しても、本番になったら、緊張でセリフを忘れてしまったことがあります…
短時間で自分のよさを伝えることと、お店の販売員がお客さんに商品を薦めることが少し似ているなと感じました。
私は商品を売り出すことをイメージにして、自分の「取扱説明書」という面接時に使う資料を作ってみました。「商品名」を自分の名前にし、「商品特性」に自分の性格と強みを書きました。さらに、印象に残りやすいものにするために、面白いイラストも入れました。面接官にとって分かりやすい資料になり、自分にとって説明する時の「ヒント」にもなりました。
皆さんもネットや本にある自己PRの例文を真似るより、自分らしく、真心をこめた言葉の方が、どんな言葉でもきっと相手に伝わると思います。頑張ってください。

広島大学卒 趙 雨濛 さんの就職先

社会福祉法人四幸舎和会

みんなの笑顔(しあわせ)を一生懸命考える

ポイント
1. 離職率が低い
2. 部署間での交流やコミュニケーションが盛ん
3. 特定の分野に特化
  • 障害
大阪府

広島大学 の人の体験談をもっと読む

社会福祉法人四幸舎和会

OFFICIAL SITE

pagetop