先輩の体験談

<その他後輩に伝えておきたいことの成功体験談> 「ピンチをチャンスに!~実習生から専門家へと変身中~」

九州看護福祉大学 看護福祉学部 卒
本田 大志さん

在学中、単位を落とし実習予定が1年先に。。。4年生の春、初めて現場実習に行ったのはもう18年前。それが、今働いている「社会福祉法人西部福祉会(ゆたか学園)」でした。
『障がい福祉』とは、ほぼ何も知らず実習2週間スタート。利用者・職員と時間を共にする中で、利用者さんが「明日も来ると?」と聞いてきます。私は「明日も来ますよ!」と答える。次の日になるとまた「明日は来る?」と聞かれる。実習最終日、「明日は来ると?」と聞かれ「明日は来ないですが、また来ますよ。」と約束。その後、夏祭りボランティアや休日等にお邪魔して、利用者さんと一緒にテレビでワールドカップの観戦をしながらおやつを食べる。
今、私が此処にいるのは、こうした体験をすることができたからだと思います。勿論、先輩職員の優しさや強さにも惹かれました。
どこで働くか?は大切です。そして誰と働くか?も大切です。雰囲気だけでも体験しに来ませんか?

九州看護福祉大学卒 本田 大志 さんの就職先

社会福祉法人西部福祉会

「働いてよかった!」見つけにきませんか?

ポイント
1. 地域連携、街づくり
2. 役職や年齢に関係なく、活躍できる
3. 無資格OK、資格取得の支援
  • 障害
熊本県

九州看護福祉大学 の人の体験談をもっと読む

社会福祉法人西部福祉会

OFFICIAL SITE

pagetop