先輩の体験談

<その他後輩に伝えておきたいことの成功体験談> 「ことばが伝わらないとき」

関西福祉科学大学 社会福祉学部 卒
F.Hさん

実習先は重度知的障害者の入所施設でした。苦労した事は「言葉のやり取り」が難しい方とのコミュニケーションです。“分かりやすい伝え方”にはジェスチャーだったり、単語で話すことだったり、様々なものがありますが、そもそもジェスチャーを何か伝える為のツールだと捉えていない方も多くいらっしゃったため、伝えようが無い時もありました。そこで、利用者さんが日常で使っている「快」「不快」を表すサインを探し、同じようなサインを自分からも発信する、といったことを試したところ、気まぐれかもしれないのですが、利用者の方の動きが少し変わった気がしました。相手が言語として使っているものを、こちらも同じく使ってみる、というのは、入社後の訓練現場で正のフィードバックをする際にも実践していますが、上手く伝わった時はとても楽しいです。

関西福祉科学大学卒 F.H さんの就職先

社会福祉法人ヒューマンライツ福祉協会

ずっと、もっと、福祉でまちづくり

ポイント
1. 無資格OK、資格取得の支援
2. 地域連携、街づくり
3. いろんな事業を展開
  • 高齢 障害 児童・保育 若者支援 医療 中間支援 その他
大阪府兵庫県奈良県

関西福祉科学大学 の人の体験談をもっと読む

社会福祉法人ヒューマンライツ福祉協会

OFFICIAL SITE

PAGE TOP