先輩の体験談

<その他後輩に伝えておきたいことの成功体験談> 「とあるセクシュアルマイノリティの就活とその後」


Hさん

就活中、「私は同性愛者である」と一社にも言えませんでした。
私を異性愛者だと思って接する面接官に結婚や家族観について質問されるとき、異性愛者のふりをして回答すると嘘をついているような気になり後ろめたく感じました。
障害者支援に興味を持ったのは自分自身にマイノリティ性があったことが間違いなく関係していたのに、伝える方法がありませんでした。
幸運なことに、入職後に私は職場で数人にカミングアウトできました。
職場で得られた安心感が行動の原動力になって、セクマイ障害者を何かの形で支援できないか考えるようになりました。
現在の状態は順風満帆のようにも思えます。
しかし、就活時代の自分の気持ちや状態を思い出すとセクマイの就活生に、「カミングアウトしなよ!」とは言えません。
あなた自身がセクシュアリティを受け入れ、そして周りがあなたを受け入れるのに十分な時間と関係性を、大事にして欲しいと思います。

H さんの就職先

社会福祉法人自立支援協会

あ~~~~~生きててよかった!!!!!!

ポイント
1. ワークライフバランス
2. 教育・研修制度が充実(キャリアパス)
3. 無資格OK、資格取得の支援
  • 障害
大阪府

社会福祉法人自立支援協会

OFFICIAL SITE

pagetop