先輩の体験談

<アルバイト先選び、アルバイト先での体験の成功体験談> 「アルバイトと大学生活、それぞれの時間をどのように確保するのか」

札幌学院大学 人文学部 卒
M.Oさん

大学生の時間の使い方は、アルバイトの選択により大きく変わってくると思います。授業、サークル活動、資格勉強、卒論作成…そして飲み会と、大学生活ではやりたいこと、やらなきゃいけないことがたくさんあります。生活するうえでアルバイトは欠かせない中、やりたいことへの時間をどう確保するのか当時は悩みました。そのような中で私が選択したのは障がいのある方のグループホームの当直アルバイトでした。勤務時間は18:00~9:30、利用者様が就寝された後は、卒論制作の時間に。通勤の片道1時間は、資格勉強の暗記の時間に。このように時間を効率的に使うことで、卒業と同時に資格取得へつなげることが出来ました。また当直アルバイトでの気づきを卒論のテーマに、そして今現在、障がいのある方々の支援に携わる仕事に就くこととなりました。アルバイトと大学生活の両立は、大変辛い時期もありましたが、今となってはどちらも欠かすことのできなかった大切な経験です。

札幌学院大学卒 M.O さんの就職先

社会福祉法人はるにれの里

一歩先の事業 一歩先の支援 一歩先の組織

ポイント
1. 特定の分野に特化
2. 教育・研修制度が充実(キャリアパス)
3. 役職や年齢に関係なく、活躍できる
  • 障害
北海道

社会福祉法人はるにれの里

OFFICIAL SITE

pagetop